ZIGENオールインワンフェイスジェルとはなんぞや?

ZIGEN?オールインワン?フェイスジェル?

 

なんか名前長くね?

 

スキンケアに興味がある男性なら、ZIGENの名前を1度は聞いたことがあると思いますが、これまでスキンケアに全く興味がなかった男性は、ZIGENもオールインワンもフェイスジェルもなんのことやらだと思います。

そこで今回の記事では、私も愛用するZIGENオールインワンフェイスジェルとはなにか?

そしてZIGENオールインワンフェイスジェルの使い方を徹底解説したいと思います。

 

ZIGENオールインワンフェイスジェルとは

はじめにZIGENオールインワンフェイスジェルとはなにかから解説します。

既にZIGENオールインワンフェイスジェルを知っている男性は、このあとのZIGENオールインワンフェイスジェルの使い方まで飛ばして頂いて構いません。

 

まずZIGENは会社名になります。

オールインワンは保湿化粧品のことで、通常保湿をするには洗顔→化粧水→乳液の3行程が必要となります。

人によっては洗顔→化粧水→乳液→クリームの4行程の場合もありますが、多くの男性が乳液までの3行程だと思います。

 

オールインワンとは化粧水、乳液、クリームが1つになった商品で、洗顔→オールインワンの2行程で保湿を行うことができるというものです。

そしてフェイスジェルはジェル状のオールインワンのことです。

 

まとめると、ZIGEN株式会社が作ったジェル状のオールインワン化粧品が

 

ZIGENオールインワンフェイスジェル

 

ということになります。

 

ZIGENオールインワンフェイスジェルの名前の由来がわかったところで、ZIGENオールインワンフェイスジェルの何が良いのかを解説します。

まず、男性に保湿が必要なのかということですが、これは絶対に必要です。

 

10代、20代の男性なら何もしなくても水分や脂分を補給できるので肌の潤いを保てますが、30代にもなると肌の老化は始まっています。

体力や肉体など身体能力が低下するように、間違いなく肌も低下します。

若々しい肌を維持しようと思うなら保湿は必須となります。

 

さらに男性のテカリに関しても保湿が必要なケースが多いです。

顔のテカリの原因は皮脂の出過ぎによるものですが、出過ぎた皮脂を落とすため強力な洗顔料で顔を洗う。

またはテカリを取るために「あぶらとり紙」を使ったりすることがあるかと思います。

 

実は、皮脂には肌を守るバリアのような役割があります。

そのため肌には必ず皮脂が必要なのですが、その皮脂を全て落としてしまうと、肌を守るバリアが無くなるため体は急いで皮脂を出します。

その結果、皮脂が出すぎて顔がテカる。

顔がテカるから洗顔で皮脂を全て落とす。

悪循環となり、いつまでたってもテカリが抑えられません。

 

顔のテカリを抑えるには皮脂を落とすのではなく、水分を補ってやることで皮脂の出過ぎを抑えることができます。

正常な肌の状態とは、皮脂と水分のバランスがよい状態のことをいい、皮脂が出すぎるということは水分が足りていないのです。

水分を補うために化粧水や乳液で保湿を行うことで、皮脂が出過ぎることがなくなりテカリを抑えることができるのです。

乾燥肌に関しても水分が足りてないことが多いので、基本は保湿を行うことになります。

 

では、なぜオールインワンがいいかと言うと、男性ってスキンケアとか美容には無頓着な方が多いじゃないですか。

そんな男性が洗顔→化粧水→乳液の3行程を行っても、最初は良くてもすぐに面倒くさくなり続かないことが多いです。

かろうじて洗顔→化粧水の2行程はできても、3行程となると一気にハードルが上がります。

どんなに良い化粧水や乳液を使っても、継続しなくては意味がありません。

 

男性のスキンケアの優先順位は、良い化粧品を使うことよりも保湿の習慣をつけることで、そのためにはオールインワンの、洗顔→オールインワンという2行程なら無理なく続けることができます。

 

さらに、オールインワンの中でもZIGENオールインワンフェイスジェルがおすすめなの理由ですが、ドラッグストアなどの市販のオールインワンに比べてZIGENオールインワンフェイスジェルは高いです。

ZIGENオールインワンフェイスジェルは単品購入でも、税込3,990円なので高いですよね。

ドラッグストアで売られている市販のオールインワンに慣れていると、より高いと感じてしまいます。

 

ZIGENオールインワンフェイスジェルの値段が高い理由は、使われている成分にあります。

ZIGENオールインワンフェイスジェルの特徴としては

  1. 3大美容成分配合
  2. 15種類のアミノ酸
  3. みずみずしい質感
  4. 敏感肌の方でも◎
  5. Made in Japan

 

このなかで特に注目して頂きたいのは

 

敏感肌の方でも◎

 

具体的にZIGENオールインワンフェイスジェルがどのように肌に優しいのかというと

  1. 無香料
  2. アルコールフリー
  3. オイルフリー
  4. パラベンフリー

 

4つのフリーを実現したオールインワンで、上記4つは肌への刺激が強い成分になります。

市販の化粧水によく含まれるアルコール系、〇〇アルコール、エタノール、セタノールなどがアルコール系成分になります。

アルコール成分が全て悪いわけではないのですが、成分表示で先頭の方に表記されているものほど分量が多くなるので、私は最初の方にアルコール系の成分が登場する商品は避けるようにしています。

 

ZIGENオールインワンフェイスジェルはアルコールフリーなので、とにかく肌に優しい商品になります。

化粧水のアルコールは使用後のスーッとした爽快感を出すために使われることが多く、他にはアルコールで化粧水の水分を蒸発させ肌に浸透している感じを演出するなど、本来の保湿には必要ないケースが多いです。

なので、肌にはアルコールは無駄な刺激となるため不要となります。

 

ただし、エタノールといってもフェノキシエタノール、成分表の後ろの方に記載があることが多いのですが、こちらは防腐剤なので化粧品には必要な成分となります。

化粧品は空気中や使用者の手のひらや指から細菌が混入し、そのままにしておくと腐ってしまいます。

どんなに高級な化粧品でも腐ってしまっては元も子もありません。

 

そこで防腐剤を使って化粧品が腐るのを防ぐわけですが、逆に言うと防腐剤がないと化粧品は作れません。

防腐剤でよく使われるのがパラベン、その次に使われるがフェノキシエタノールだと思います。

フェノキシエタノールはアルコール系のエタノールですが、化粧品に必要不可欠な防腐剤なのでやむを得ない部分ではあります。

 

ところが、ZIGENオールインワンフェイスジェルでは防腐剤もフリーとなっています。

防腐剤フリーなら肌に安心だ!と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください!!

防腐剤を使っていない化粧品は腐る可能性があるので、どんなに肌に優しくても

 

どうやって防腐してる?

 

ここが定かではないと逆に怖くて使えません。

 

ZIGENオールインワンフェイスジェルの防腐は、カプリリルグリコールとエチルヘキシルグリセリンで行っています。

カプリリルグリコールは皮膚刺激性が低く、防腐剤を使わない化粧品に使用されたり、防腐剤の濃度を減らしたい化粧品に使用されることが多いです。

エチルヘキシルグリセリンは優れた抗菌作用や消臭作用があるので、カプリリルグリコール同様に防腐剤を軽減・不使用目的の化粧品に使用されることが多いです。

 

このように、ZIGENオールインワンフェイスジェルでは防腐剤フリーにするため様々な工夫が施されており、本当に肌のことをよく考えていると感心します。

 

ZIGENオールインワンフェイスジェルの使い方

ZIGENオールインワンフェイスジェルの使い方を公式サイトのイラストを使って解説します。

フェイスジェルは洗顔直後に塗るのですが、その理由としては、洗顔直後は皮脂や汚れが洗顔により落ちているので、非常に乾燥した状態となっているからです。

 

公式ではベストは顔を拭いてから30秒以内とのことですが、急ぐあまり顔を拭く前にフェイスジェルを塗るのはまずいので、「可能であれば30秒以内が望ましい」と思うくらいでいいと思います。

ただし、入浴後、服を着る前にフェイスジェルを塗るようにしましょう。

服を着てからでは遅すぎますね。

 

顔を拭く

まずは洗顔の後に顔を拭きます。

このとき、絶対にゴシゴシとタオルで顔を拭くようなことはしないでください。

折角良い洗顔料で丁寧に顔を洗っても、タオルでゴシゴシと摩擦を起こしてしまっては意味がありません。

イメージとしては顔の水気を取るだけでいいので、タオルを顔に当てるだけでも水気は取れます。

 

適量手に取る

次にZIGENオールインワンフェイスジェルを適量手に取ります。

適量とは「ウニュ」って感じの量なのですが、普段使う洗顔料でも歯磨き粉でも、「ウニュ」っていう量があると思いますが、それと同じくらいの量ですね。

おそらく、市販の洗顔料を使っている男性なら、それよりも少し多いくらいだと思います。

 

実際私がZIGENオールインワンフェイスジェルを使い始めた頃、市販の洗顔料と同じ量で顔に塗ったのですが、足りなかった記憶があります。

 

なので、はじめてZIGENオールインワンフェイスジェルを使う際は、市販の洗顔料よりも少し多めに出すようにしてください。

そしてその量を基準に、多いようなら次回から減らし、足りないようなら次回から増やすようにするといいですよ。

 

中心から外側へ塗る

手のひらを使って中心から外側へ塗っていきます。

顔の中心から外側へ向かって塗る理由は顔への負担を軽減するためです。

 

指先で細かい部分を塗る

指先で細かい部分を塗ります。

ZIGENフェイスジェルは肌に優しい成分が使われているので、塗ってはいけない箇所はありません。

 

首周りはシワになりやすく年齢が出やすい部分なので、首まわりにも塗るといいですよ。

さらに、加齢臭が気になる男性は耳の裏を塗ることでニオイを抑える効果があるそうです。

 

このように首周りと耳の裏まで塗ると、市販の洗顔料と同じ量では足りないので少し多めに出す必要があります。

顔だけなら市販の洗顔料と同じ量でも問題ないと思います。

 

肌に吸収されたら完了

フェイスジェルが肌に吸収されたら完了です。

洗顔とは違い肌に潤いを与え潤いを閉じ込めるのが目的なので、ことあとタオルで拭いたりはせず、そのまま放置して下さい。

 

以上がZIGENオールインワンフェイスジェルの使い方になります。

 

洗顔はZIGENフェイスウォッシュ

ZIGENオールインワンフェイスジェルは顔の保湿のために使いますが、では洗顔はどうすればいいのか。

折角肌のことを考えて保湿をしっかり行っているので、洗顔も肌に優しい商品が良いと思います。

なので、私はオールインワンフェイスジェルと同じZIGENの洗顔料「フェイスウォッシュ」を使っています。

 

ZIGENフェイスウォッシュは石鹸ベースで肌に優しいのが特徴となっております。

肌に優しい洗顔料なので洗顔力はそこまで強くなく、必要な皮脂まで落とすことがありません。

つまり、皮脂が足りなくて体が過剰に皮脂を出すということがなくなるのです。

皮脂が出過ぎないのでZIGENオールインワンフェイスジェルで保湿を行えば、より効果的というわけですね。

 

どのように肌に優しいのか、そしてZIGENフェイスウォッシュの使い方や泡立て方はこちらの記事で解説しています。

 

まとめ

ZIGENオールインワンフェイスジェルの使い方だけではなく、オールインワンとはなにか?なぜZIGENオールインワンフェイスジェルが良いのかまで徹底解説しました。

 

私はずっとZIGENオールインワンフェイスジェルを使い続けており、その理由は今回の記事で紹介した、肌に優しいというのは勿論ですが、経済的にも継続できるというのがあります。

 

これは化粧品全般に言えますが、価格に比例して良い成分が大量使われるので、化粧品では「値段が良い=効果が高い=良い商品」の図式が多くの場合で当てはまります。

なので化粧品は高価な商品を使ったほうがいいのですが、高価な商品を1回使えばいいというわけではなく、使い続けなくてはなりません。

そして、高価な商品は勿体無いからと、チビチビ使っていても意味がありません。

化粧品は使う時は惜しみなく使うのが効果的な使い方になります。

 

正直、ZIGENよりも効果が高く価格も高い商品はありますが、無理して購入してもチビチビ使うことになったり、継続できなかったりするのは目に見えています。

ZIGENは決して安い商品ではありませんが、この価格帯なら思い切って「ウニュ」っと使うことができるので、私はZIGENを使い続けています。

 

(追記)ZIGENの購入方法

ZIGENの公式サイトへ行くとセット販売の種類が多く、実際に私がどのセットで購入しているのか問い合わせがあったので、ZIGENの購入方法を追記しました。

ZIGENの商品は購入点数が多くなると割引率や割引額が大きくなります。

 

ZIGENの公式サイトトップページではセット内容が不明確ですが、商品一覧からセット内容を確認することができます。

まず公式サイトのトップページから「商品を購入する」を選択。

 

右上の「MENU」を選択

 

「商品一覧」を選択

 

セット内容が一覧で表示され、最も割引率が大きいのがZIGENフェイスウォッシュとフェイスジェルのセットが3個セットになったもので、割引率は22%です。

 

金額だと4,170円の割引で合計6点購入することになります。

 

割引金額が最も大きいのが、ZIGENフェイスウォッシュとフェイスジェル、それにシャンプー&ボディーソープのセットが2個セットで4,430円になり、割引率は20%です。

 

こちらも合計6点購入することになります。

 

割引率と割引金額は大きいのですが、いきなり最初からこの本数は買わないと思うので、割引率や金額を気にすることなく必要な分だけ購入すればいいと思います。

 

ちなみに私が初めてZIGENを購入した際は、フェイスウォッシュとフェイスジェルの2点セット、税込5,660円です。

 

現在はフェイスウォッシュとフェイスジェル、それにシャンプー&ボディーソープのセットを購入しています。

 

実はフェイスウォッシュとフェイスジェルだけではなく、シャンプー&ボディーソープもZIGENを使っているZIGEN信者ですw

 

フェイスウォッシュとフェイスジェルがだいたい3ヶ月強で無くなり、シャンプー&ボディーソープは2ヶ月弱で無くなるため、シャンプー&ボディーソープの方が先に無くなります。

予備のフェイスウォッシュとフェイスジェルがなければ3点セットを購入し、予備があるようだったらシャンプー&ボディーソープ単品を購入しています。

 

あまり割引率や割引額は気にせず、今必要な分を購入するのが私のZIGENの購入方法になります。

 

それと、ZIGENを購入する際は、公式サイトから購入することをおすすめします。

肌に使うものなので、ヤフオクやメルカリで販売されている一度人の手に渡った商品は、たとえ新品と記載があっても私は使う気になれません。

 

肌に使うものや口に入れるもの以外でしたら中古でも全く気にしないのですが、肌や口に入れるものだけはちょっと抵抗があります。

何かあった時が恐いですからね。

なので、私は必ず公式サイトでZIGENを購入しているので、人に勧める際も公式サイトからの購入を勧めています。