化粧水や乳液と聞くと女性が使うものと思われるかもしれませんが、男性が使っても全く問題ありません。

むしろ男性も使った方がいいですよ。

 

正直、私は40歳までは全く気にしなかったのですが、さすがに40歳になると色々と気になるようになりました。

スキンケアもその1つです。

 

現在は毎日のスキンケアは欠かさないのですが、私の場合は化粧水、乳液、クリームが1つなったオールインワンを使用しています。

個人的にはメンズのスキンケアはオールインワンがおすすめなので、今回はオールインワンがおすすめの理由と、実際に私が使っている商品を紹介します。

 

自分の肌に優しくなれば女性にも優しくなれる

そもそもの話ですが、男性に保湿が必要なのかといえば

 

絶対に必要!!

 

もちろん、肌質や生活環境、食生活などで個人差はあります。

化粧水や乳液を使わなくても全く問題ない男性もいるでしょう。

 

ただ、化粧水や乳液を使ったからといって害があるわけではないので、それだったら使った方がいいと思います。

※商品によっては肌に合わないこともあるので、肌に異常を感じた際は使用を控えてください。

 

それと、もし奥さんや彼女がいる男性なら、なおさら使った方がいいですよ。

これは奥さんや彼女から良く思われたいという表面的な理由ではなく、奥さんや彼女の気持ちを理解できるようになるからです。

 

女性って男性に比べて外出の準備に時間がかかりますよね。

それはお化粧の時間もありますが、見ているとお化粧にとりかかる前段階で既に時間がかかってます。

 

あとは入浴後も時間がかかりますよね。

髪の毛が長いため乾かすのに時間がかかるというのもありますが、見ていると髪の毛を乾かす前段階で既に時間がかかっています。

 

そんな奥さんの姿を見て

 

女性は大変だな

 

くらいにしか思っていなかったのですが、あるとき思いました。

 

女性が外出の際に時間がかかっているのは、自分自身が美しくありたいと思う気持ちはもちろんですが、他にも私と外を歩くのに、私に恥をかかせないためなのでは?

 

例えばですが、完全にスッピンで外を歩いている女性を見ると何か違和感を覚えますよね。

その女性が彼氏や旦那さんと一緒に歩いていたら、相手の男性にも違和感を覚えます。

人によっては「彼氏は何も思わないのかな?」と感じる人もいるでしょう。

 

奥さんに直接聞いたことはないので何とも言えませんが、もしかすると私がこのような目で見られないために、準備に時間をかけているのでは?

 

実際はそんなことは全く思ってないかもしれませんが、通常は女性は外出の際は化粧をしますし、たとえ興味がない男性に会う際も化粧をします。

だけど男性は女性に会うのに大して時間を使っていない。

 

そう考えた時、男性もスキンケアに気を使うべきではないかと思うようになりました。

自分のスキンケアに気を使うことが、これから会う相手に気を使うことなのではと。

 

化粧水や乳液を使ったからといって、すぐに変化があるわけではないのですが、大事なことは自分の肌に気を使うこと。

若々しい肌を維持させるため努力すること。

それにより女性が肌に気を使う気持ちがわかるようになり、女性を理解できるようになります。そして女性に優しくなれます。

 

男性よりも何百倍もスキンケアに気を使っている女性なので、同じようにスキンケアに気を使う男性には親近感がわくはずですよ。

普段仕事で女性と接することが多い男性は、自分の肌に気を使うことが周りの女性に気を使っているのと同じことになるはずです。

 

私はスキンケアに気を使うようになってから、夫婦で保湿のことを話す機会が増えました。

普段仕事で接する女性とも化粧水や乳液、保湿のことで会話が弾むのではないでしょうか。

 

男は30過ぎたら肌の老化が始まっている

10代、20代の男性なら、何もしなくても水分や脂分を補給できるので肌の潤いを保てますが、30代にもなると肌の老化は始まっています。

スキンケアに興味がない男性は肌の老化と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、体力や肉体、頭髪などの老化は感じているのではないでしょうか?

身体能力や頭髪の老化は感じるのに、肌だけ老化しないなんてことはないですよね。

 

本人が気にしていないだけで、間違いなく肌の老化は進行しています。

それも「体力が落ちた」と強く実感するのと同じくらい肌も老化しています。

運動や筋トレなどで肉体や体力を維持させようとする男性は多いのですが、肌の維持に気を使う男性はまだまだ少ないですね。

 

私は体型を維持させるため食事管理と週5回のジムを継続しているのですが、体型維持よりもスキンケアの方がずっと簡単だと思いますけどね。

簡単ではありますが、体型のように誰でも目に見える効果があるわけではないので、そこが難しいところではありますけどね。

 

男の保湿はオールインワンがおすすめ

何もしないのが肌には1番いいと思われるかもしれませんが、そんなことはないと私は思っています。

歳を重ねるごとに様々劣化していくのを感じているのに、肌だけは若々しさを維持できるとはとても思えません。

では、肌の老化を防ぎ、若々しい肌を維持するにはどうすれば良いか?

 

その方法が保湿になります。

 

保湿をする上で最低限必要なことは洗顔→化粧水→乳液の3行程になります。

人によっては乳液の後にクリームを使用する人もいるでしょう。

 

洗顔は誰もが行なっているかと思いますが、洗顔の目的は泡で顔の汚れや余分な皮脂を洗い流すことです。

 

化粧水は洗顔の際に汚れと一緒に奪われた「うるおい」を与えるのが目的です。

「うるおい」が不足した状態だと乾燥の原因となります。

 

乳液は化粧水で与えた「うるおい」をキープするのが目的になります。

クリームは乳液よりも油分が多く、顔にオイル皮膜を張ることで外的刺激から肌を守るのが目的です。

 

洗顔→化粧水→乳液の3行程が保湿のプロセスになり、人によってはクリームを使ったりもしますが、私が実際に使っているのは

 

オールインワン!!

 

なんだそれは?と思われるかもしれませんが、簡単に言うと化粧水と乳液とクリームがセットになった商品です。

 

私がオールインワンを使う理由は3つあります。

オールインワンを使う理由

  • 「うるおい」をキープできれば良い
  • 継続するのが大事
  • 値段を気にせず使える

 

それぞれのおすすめ理由を解説します。

 

「うるおい」をキープできれば良い

オールインワンよりもちゃんと化粧水、乳液と分けて使った方が効果が高いと思われたりしますが、個人的には関係ないと思ってます。

どんな商品を使おうが最終的に肌に「うるおい」を与えキープできればいいわけで、オールインワンでも十分「うるおい」をキープできていると実感しています。

 

「うるおい」が保てるのなら化粧水だけでもいいのですが、さすがに30過ぎた男性の肌では無理でしょう。

そうなると乳液が必要ですが、今まで全くスキンケアに興味がなかった男性なら、オールインワンでも十分違いを感じられるはずです。

 

まずはオールインワンで実験的に行ってみることをおすすめします。

全く「うるおい」を感じないことはないと思いますが、もし物足りないようなら乳液やクリームを追加すればいいのです。

 

継続するのが大事

どんなに良い商品を使っても1回使って終わりだったら意味がありません。

毎日続けることが最も大事になります。

 

私が最初にスキンケアのことを調べている時に感じたことは

 

面倒くさそう

 

これまで洗顔だけで40年弱生活してきたので、化粧水だ乳液だクリームだと色々顔に塗るのが面倒そうだなと感じました。

続けなければ全く意味がないので、まずは1番手間がかからないオールインワンで始めました。

 

結果的にはオールインワンで十分「うるおい」をキープできたのと、洗顔の後にオールインワンだけ塗ればいいので手間はほとんど感じませんでした。

 

これまでスキンケアに関心がなかった男性は多いかと思いますが、そんな男性がまず取り組むことは、洗顔のあとに保湿を行うということを習慣にする必要があります。

習慣にするにはある程度の継続が必要なので、手間がかからないオールインワンから始めた方が継続ができ、保湿の習慣も身につきやすいと思います。

 

値段を気にせず使える

最後は値段を気にせず使えるということです。

まず大前提として、洗顔料や化粧水、乳液などは値段に比例して肌に優しい商品になる傾向があります。

 

例えばドラッグストアなどにある安価な化粧水などは、アルコール系を大量に使われているものが多いです。

成分表示で〇〇アルコール、エタノール、セタノールなどがアルコール系成分になります。

成分表示で先頭の方に表記されているものほど分量が多くなるので、最初の方でアルコール系の成分が登場する商品は避けるようにしています。

※フェノキシエタノールは防腐剤となり、多くが成分表示で後ろの方にあるためあまり気にしていません。

 

これらのアルコールが絶対に悪いというわけではないのですが、肌には余計な刺激になる可能性があります。

そこでアルコールを避けるため、アルコールフリーや無添加の商品となると値段が高価になってきます。

 

スキンケア商品は毎日使うものなので、高価な商品を購入し、もったいないからとチビチビ使っていては意味がありません。

安価な商品とは言いませんが、この値段なら出してもいいと思える商品を毎日思いっきり使うようにしましょう。

 

この値段なら出してもいいと思えても、化粧水、乳液、クリームを購入すると、最終的には結構な値段になったりします。

オールインワンは1本に化粧水、乳液、クリームの役割があるので、非常にコスパが良く毎日思い切って使える可能性が高いです。

 

以上のことから私はオールインワンをおすすめしますし、実際に私もオールインワンを使っています。

 

おすすめのオールインワン

最後に私が使っているオールインワンを紹介します。

実は私は3種類のオールインワンを使っているのですが、それぞれのメリットとなぜ3種類を使っているのかも紹介しますね。

 

HOLO BELLオールインワン

まずはHOLO BELLオールインワンになります。

こちらは朝用で使用しています。

 

夜は洗顔と保湿を同じメーカーの商品を使っており、朝はHOLO BELLオールインワンを使っています。

夜のシャワーや入浴で洗顔をしっかりするわけで、そのあとは寝るだけですよね。

で、朝起きてからまたしっかり洗顔をする必要はないのでは?

 

夜の洗顔のあとはベッドや布団で寝るだけです。

だったら朝はぬるま湯で顔をすすぐだけでいいかなと思ってます。

あまり洗顔を行い過ぎても肌に必要な皮脂まで奪ってしまうのでおすすめしません。

 

皮脂が足りなくなると余計に皮脂が分泌されてしまいテカリ肌の原因となります。

大事なのは皮脂と水分がバランスよく保たれた状態です。

男性の場合は女性よりも皮脂が多く分泌されるので、それに合うだけの水分が必要となります。

そこでオールインワンで水分を補給し「うるおい」を与えるというわけですね。

 

HOLO BELLオールインワンは高い保湿力が特徴の商品で、アルコールフリーはもちろん、着色料フリー、香料フリーなど、7つのフリーを実現し、とにかく肌に優しいです。

 

ヒアルロン酸やヒト型セラミドが配合されているのも嬉しいです。

 

値段は3,780円(税込)と安価な商品とは言えませんが、1日2回の使用で約2ヶ月もつので月額にすると約1,890円ですね。

これまでスキンケアに全く興味がなかった男性からすると、それでも高いと思われるかもしれませんが、肌のことを考えるとこれくらいの商品は必要かなと思います。

 

HOLO BELLオールインワンの嬉しいところは他にもあり、実は送料の500円を払うだけで20g(約2週間分)のHOLO BELLオールインワンが貰えるトライアルがあるところです。

 

今まで化粧水や乳液を使ったことがない、ましてやオールインワンを使ったことがない男性だと、どんなものかわからないものに3,780円もポンとは払えないですよね。

そこでHOLO BELLオールインワンのトライアルを使えば500円で試すことができます。

私も1番最初にオールインワンを試したのはHOLO BELLオールインワンで、もちろんトライアルを使いました。

 

気をつけていただきたいのが、注文してから10日経過すると自動的に定期便になるので、もしトライアルだけの希望でしたら10日以内にマイページの「お問い合わせ」から連絡する必要があります。

このトライアルがいつまで行なっているのかは不明ですが、まずはオールインワンを試してみたい男性にはおすすめです。

 

ZIGEN オールインワン フェイスジェル

次はZIGEN オールインワン フェイスジェルで、私は夜用で使用しています。

ZIGEN(ジゲン)は雑誌などでも紹介されているので、知っている方もいるかもしれませんね。

 

ZIGEN(ジゲン)はオールインワンだけではなく、洗顔用のフェイスウォッシュもあるので、私はセットで使用しています。

 

スキンケアに興味を持ち始めた頃、まずはオールインワンだけを試してみようとHOLO BELLオールインワンを使用しました。

で、保湿だけではなく洗顔もしっかり行いたいと思い、ノンアルコールの商品を探していてZIGEN(ジゲン)を見つけました。

あまり関係ないと思いますが、なんとなく洗顔と保湿は同じメーカーの商品がいいと思ってZIGEN(ジゲン)をセットで使用しています。

 

朝もZIGEN(ジゲン)にすればいいのですが、朝はぬるま湯ですすぐだけでフェイスウォッシュは使いません。

そうすると保湿のオールインワンが先になくなるじゃないですか。

いつもセット料金で購入しているため、できればフェイスウォッシュとオールインワンが同時になくなって欲しいので、ZIGEN(ジゲン)は夜のみフェイスジェルとオールインワンをセットで使うようにしています。

 

値段はフェイスウォッシュとオールインワンがセットで5,660円(税込)で、オールインワン単品だと3,990円です。

私は1日1回の使用なので3ヶ月以上は持ちますが、わかりやすく3ヶ月で計算するとフェイスウォッシュとオールインワンのセットで月額1,886円ですね。

 

2本でこの値段なら遠慮せずに思い切って使えます。

 

ちなみに、ZIGEN(ジゲン)はフェイスウォッシュとオールインワンだけではなく、日焼け止めクリームもあります。

日焼け止めは夏の日差しの強い日だけではなく、男性も365日塗った方がいいのですが、強すぎる日焼け止めは肌への負担が強いのが欠点です。

 

ZIGEN(ジゲン)の日焼け止めクリームはノンケミカルでとにかく肌に優しいです。

そのかわり日焼け止めとしては少し物足りないのですが、こまめに塗りなおすことでカバーします。

 

実際、1日中炎天下にいるってあまりないですよね。

だったら弱めの日焼け止めを朝と午後の2回塗るのが1番肌に優しいのではと思います。

しかもZIGEN(ジゲン)の日焼け止めクリームは肌に優しい成分が使われているので、より安心ですね。

 

私は現在はZIGEN(ジゲン)の日焼け止めクリームは使っていません。

使わなくなった理由はファンデーション(BBクリーム)を塗ることが多くなったからです。

 

ファンデーション(BBクリーム)を塗ってしまうと日焼け止めクリームの塗り直しができません。

ただ、ファンデーション自体に日焼け止め効果があるので、少し強めの日焼け止めとファンデーションで塗り直しなしで紫外線対策を行なっています。

もしファンデーションを使っていなければZIGEN(ジゲン)の日焼け止めクリームを使っていますね。

 

さらにZIGEN(ジゲン)はシャンプーとボディソープも販売しています。

しかもシャンプーとボディーソープもオールインワンで、1本で頭皮から体まで全身洗えるという優れものです。

シャンプーとリンスがオールインワンなのはよくありますが、シャンプーとボディーソープがオールインワンというのは初めて聞きました。

 

こちらの商品も肌に優しく、安価なシャンプーでよく使われる合成界面活性剤は使われていません。

シリコン、香料、着色料、防腐剤も使用していません。

 

これ1本で頭皮と体の臭いをブロックします。

フェイスウォッシュ、オールインワンとセットで購入するとお得に購入できるので、面倒だから全部同じところで揃えたい男性にはZIGEN(ジゲン)をおすすめします。

どの商品も肌に優しいのは間違いないです。

 

紬MEN’Sオールインワンゲル

最後は紬MEN’Sオールインワンゲルです。

こちらもHOLO BELLオールインワンと同じく朝用で使用しています。

 

紬MEN’Sオールインワンゲルを購入した理由は、無添加なのはもちろんですが、メンズ用のオールインワンでは珍しい医薬部外品だったからです。

 

スキンケア商品は薬事法により、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分かれます。

「医薬品」は”治療”を目的とした薬のことで、厚生労働省より配合されている有効成分の効果が認められたものになります。

 

「医薬部外品」は厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。

“治療”ではなく”予防・防止”が目的になります。

薬用は医薬部外品のことになります。

 

「化粧品」は”治療”や”予防・防止”の効果はなく、”清潔”や”美化”などが目的になります。

 

紬MEN’Sオールインワンゲルはメンズのオールインワンでは珍しい「医薬部外品」になります。

あと、私はジェルタイプが好きなので、紬MEN’Sオールインワンゲルがジェルということもあり購入しました。

 

HOLO BELLオールインワンやZIGEN(ジゲン)と比べて何か違うかといえば、あまり変わらないかなw

医薬部外品だからといってそこまで急激に変化が現れるものでもありません。

 

ただ、同じスキンケア商品を使い続けていると、肌が慣れてしまい変化を実感できなくなるので、朝に2種類のオールインワンを使い、夜もまた別の商品を使うことで肌がスキンケア商品に慣れてしまうのを防いでいます。

 

HOLO BELLオールインワンと紬MEN’Sオールインワンゲルのどちらか1つを使用するとなると、HOLO BELLオールインワンはプッシュ式で使いやすいのでHOLO BELLを選ぶかな。

正直、使い心地や効果に関しては個人的にはそんなに変わらないと思ってます。

 

まとめ

男の化粧水や乳液はオールインワンがおすすめなのと、実際に私が使用している商品を紹介しました。

スキンケア商品に関しては、いくら私がおすすめといっても、実際使ってみると肌に合わないなどがありえます。

こればかりは自分で実際に使ってみるしかありません。

 

で、もし肌に合わなかったら捨てるしかないのかというと、実は体に使うことができます。

顔には合わなかったとしても、腕や手、足なら問題なかったりします。

 

私は夏場はショートパンツを多用するのですが、そんな時にハンドクリーム感覚でスキンケア用品を足に使ったりしてます。

足に塗ることで足が潤い若々しくなった気がします。

気がするだけで実際は変わってないかもしれませんが・・・。

 

あとは新しい革靴などで、靴擦れの心配がある時なども足にスキンケア用品を塗ることで靴擦れ予防になります。

ジェルタイプだと特に使いやすいですね。

 

このように、もし肌に合わなくても無駄な買い物にはならないはずなので、ぜひ挑戦してみてください。

もし彼女や奥さんがいるのなら、メンズ用ではありますがあげてもいいですよね。

顔には使わないとしても、きっとハンドクリームとして使ってくれますよ。