韓国ドラマを観る観ると言ってなかなか観る時間が取れない高道です。

最近は”観る観る詐欺”と言われたりしています。

 

奥さんや彼女が韓ドラ大好きという男性は意外と多いのではないでしょうか?

本当は自分も韓ドラを視聴して共通の話題で盛り上がりたいけど、私と同じようになかなか韓国ドラマを視聴する時間がない。

 

そんな世の男性のために、韓ドラ大好きのママ友「静子」さんに、韓国ドラマ【階伯(ケベク)】の内容や感想を聞いてみました。

【階伯(ケベク)】の評判や口コミもあわせて紹介しますので、とりあえず最低限の知識をインプットしておけば多少は話題についていけるはずです。

 

記事の最後には【階伯(ケベク)】の動画を無料視聴する方法も紹介しているので、是非参考にして頂ければと思います。

それでは静子さんお願いします!!

U-NEXT

階伯(ケベク)の内容

出典:hulu

静子

百済、高句麗、新羅の戦いが拮抗していた三国時代。

百済の武王は、新羅から嫁いできた王妃を寵愛し、王妃との息子であるウィジャを世継ぎにと考えていました。

しかしサテク妃は、新羅人の血を引いているウィジャを太子にしては民からの反対にあうという理由で、ウィジャが太子になるのを阻止しようとします。

 

サテク妃は、王妃が新羅の密偵であると捏造し、打ち首という”状況”を作った上で、秘かに王妃を国外に逃がすよう武王に提言します。

国外逃亡によりウィジャの太子擁立を阻止すると同時に、武王に一生の貸しを作るというサテク妃の策略でした。

サテク妃の策略は順調に進み、武王に命じられたムジンは、王妃とウィジャを国外(新羅)に逃がすために護衛をしていました。

 

しかし馬車で新羅に向かう途中、サテク妃らに追い詰められ王妃は自害、ウィジャはそれを目の当たりにしてしまいます。

幼くして自分の命が常に狙われていると悟ったウィジャですが、それでも、針のむしろである宮殿へ戻ると決意します。母の亡骸を葬るため、そして王になりサテク妃らに復讐するためです。

ウィジャが宮殿へ戻ったのと時を同じくして、ムジンの息子、後の百済の柱であるケベクが誕生します。

 

14年後、ウィジャとケベクは出会い、過去の結び付きもあって仲が深まっていきます。

その絆はまるで兄弟のようでしたが、とある女性ウンゴが現れ、ふたりは同じ女性を愛してしまいます。

育ての母親と兄を殺したサテクに恨みを抱くケベク。

生きるために無能な振りを演じ、いつかサテクへの復讐をと考えているウィジャ。

復讐のために、サテクに近づく手段として香を献上しようとしている商団のウンゴ。

 

サテクへの復讐を誓う3人が運命のように出会い、そこから百済を大きく動かしていくことになります。

同じ女性を愛してしまったウィジャとケベクの行く末は果たして!?

 

階伯(ケベク)のキャストと相関図

 

イ・ソジン【ケベク役】

静子

時代劇・現代劇ともに活躍しているイ・ソジンさん。

ドラマ『恋人』『イ・サン』など多くの有名作品で主演を飾っています。

 

【階伯(ケベク)】では、ムジンの息子を演じています。

父のムジンが罪人として追われている身であったため、生い立ちを知らされずに育ちます。

父の死後、新羅で捕虜生活を送ったのち、ウィジャの臣下になることを決意しました。

 

ソン・ジヒョ【ウンゴ役】

静子

映画『狐怪談』でデビューしたソン・ジヒョさん。

『霜花店』での露出演技で注目を集め始め、その後は『エマージェンシーカップル』『元カノクラブ』等で主演を務めています。

 

【階伯(ケベク)】では、商団に引き取られた娘という役どころです。

サテク妃の陰謀で父が死に、自分も身を売られるという苦境に立たされたため、サテク妃への復讐の機会を狙っています。

クールで現実的な性格だからこそ、たまに覗かせる優しさにグッときます。

お茶目で真っ直ぐなケベクと出会い、ケベクと想い合いますが、ウィジャの思惑により阻害されてしまいます。

 

チョ・ジェヒョン【ウィジャ王役】

静子

チョ・ジェヒョンさんは、鬼才キム・キドク監督の映画に5編も出演しています。

【階伯(ケベク)】では、武王の息子を演じています。

追い詰められて命を絶った母を目の当たりにし、幼くして自分が常に命を狙われていると悟ったウィジャはそれ以降、無能な振りをし周囲を欺きます。

ムジンとの誓いによりケベクを弟のように思っていましたが、同じウンゴを愛するようになってケベクとの溝ができ始めました。

 

オ・ヨンス【サテク妃役】

静子

オ・ヨンスさんは、ドラマ『踊るカヤグム』でデビューし古典的な美女として人気を得ました。

以降、物静かな印象が強かったオ・ヨンスさんですが、ドラマ『赤と黒』では成熟したセクシーな女性を演じ違った魅力を魅せつけてくれました。

 

【階伯(ケベク)】では、武王の側室から王妃になった、百済の影の権力者という役どころです。

武王の側室でありながら、ムジン(ケベクの父)を愛しており、それゆえ王妃や他の妃への嫉妬心はなく、王妃の座にも興味がありません。

百済を作り上げたのはサテク一族だという誇りを強く持っており、また、百済の国と民を守りたいという気持ちが大きいため、時として武王の消極的な判断に対して反目することも。

 

どれだけ否定され拒否されても一途にムジンを思い続けていたのは切なかったです。

悪事を糾弾するためムジンがサテクを人質として捕らえた時、どこか幸せそうだったのも胸が痛みました。

 

階伯(ケベク)の感想

静子

時代劇は、ドラマの導入部分でもある子役時代が、ドラマの先行きを担っていますよね。

そういう意味で【階伯(ケベク)】は、良いスタートを切っていたと思います。子役俳優さん、中でもウィジャ役のノ・ヨンハクさんは繊細な演技で始終目が離せませんでした。

 

と言うのも、ウィジャは幼少期のころ、サテク妃に追い詰められた母が自害したのを目の前で見ていたため、自分が命を狙われる立場だと分かっているんですね。

なので生き延びるために、無能なふりをして周囲を欺くのですが、その繊細な演技が素晴らしくて感情移入してしまいました。

それゆえ、大人のキャストになった時は衝撃がありました。

 

時代劇の子供から大人への切り替わりは、どのドラマでも少なからず抵抗感があるものですがそれにしても似…似てないっ(涙)

でも逆にここまで面影のおの字もないのは清々しい(笑)ですし、チョ・ジェヒョンさんは演技力には定評のある俳優さんなので、すぐに慣れましたけどね。

 

衝撃と言えば、この【階伯(ケベク)】は最初から最後まで、驚きの連続でした。予測できないのでとても先が気になるんです。

一番最初の衝撃は、さきほどの子役から大人への切り替わりでしたが、2回目の衝撃は、ヒロイン(であろう)ウンゴの人物像です。

 

この子がヒロインだろうなぁーケベクと結ばれるんだろうなぁーと思っていたウンゴが、まさか後半で悪役になるなんて想像できます?(笑)私は本当に驚きましたよ。

悪役になると言っても、ウンゴにも事情があり最初は復讐から始まって、成すためにはケベクと対立せざるを得ないという、複雑な立ち位置でしたが。

 

3回目の衝撃はケベクの結婚相手。誰なのかはネタバレになるので控えますが、驚きました。

 

そして4回目の衝撃は一番強烈です!

新羅との戦いを前に絶体絶命の状況になってしまったケベクは、しかし将軍として兵士の士気を上げなくてはならず、そのためにケベクが家族に対して”とある行動”を取るのですが・・・衝撃すぎました。

 

あまりに衝撃だったので他の方の感想を漁ったのですが、そしたら、このケベクの家族への”とある行動”は、史実なんだそうですね。うん、史実なら仕方ないですな。

そんな衝撃続きのストーリーも大きな見どころですが、主要人物の味わい深さも【階伯(ケベク)】の見どころです。

 

まず序盤の、武王とサテク妃の、腹の隠しあいが見ごたえありました。

お互い建前ばかりで本心が全く見えないのですがだからこそいざという時に相手を欺ける。

その駆け引きが面白かったです。

ウィジャが本心を隠して長年”無能”を演じ切れたのも、この武王の息子だと考えれば血は争えないなぁと感慨深く見てました。

 

ウィジャと言えば、本当に繊細な役柄で少年期のころにかなり感情移入したので、思い入れの強い人物だったのですが話が進むにつれて、ヒール的ポジションに!(涙)

思い入れが強かったので、ウィジャが何をしようともだいたいのことは大目に見てた私ですが、その私でも途中からウィジャのことは諦めました(笑)

ウィジャといいウンゴといい「善人」一辺倒ではないふたりと、「善人」一辺倒のケベクの、複雑なぶつかり合いにご注目ください。

【階伯(ケベク)】は総じて予想を裏切る先行きの見えないドラマで、それゆえに最後まで飽きずに楽しめます。アクションシーンも多く、恋愛模様の割合も程良いので男性にもオススメできるドラマです!

 

ちなみに、私が韓ドラを視聴するのに使っている動画サイトはU-NEXT(ユーネクト)です。

韓ドラ作品の見放題が他の動画配信サイトよりも多いので気に入ってます。

アニメや子供向け番組も見放題で600ポイントで漫画も買えました。

 

階伯(ケベク)の口コミ

50代女性

階伯は、百済のために最後まで戦い続けたケベク将軍が主人公の物語です。

ケベクの父は百済の勇猛な将軍でしたが、政略のために追われる身になりました。

ケベクは、数奇な運命と闘いながら百済の将軍となって行きます。

その間にケベクの恋や、王の嫉妬やいろいろな困難に遭いながらもケベクは強く生きて行きます。

ケベクを演じるイソジンの迫力ある演技に思わず目を奪われてしまいます。

このドラマの見どころはイソジンの演技です。

30代男性

歴史を変えた「イ・インジャの乱」を基にして、物語は次々に変わっていきます。

玉座を目指す人間においては、鋭い洞察力と思考力が問われますが、そうした内容をこの作品では忠実に描いています。

歴史ドラマはフィクションが目立ちますが、この作品では大半が事実に基づく方針が強化されています。

成長できる階伯の将来を見れば、新たな歴史を見ておく環境が育まれます。

50代男性

前作「善徳女王」では新羅側から見た作品でしたが、本作ではその敵国である百済から見た物語です。

キム・ユシンが率いる新羅軍5万の前に倒された百済兵5千名の決死隊。

この軍を指揮したケベクの名は「善徳女王」にも登場、新羅の将軍キム・ユシンも名将として称賛しています。

勝者のみが注目されがちな歴史において、滅んだものの、高度な文明を生んだ百済の発展と衰退の記録です。

30代女性

主人公のケベクと両想いだった女性と主人公の妻となった女性の2人の勇ましい行動力がすごいと思います。

ケベク自身の忠誠心の強さには尊敬できる場面が多く、戦闘シーンはとてもカッコよく感じます。

真の友情を誓っていたはずなのに、愛する人の存在や自分が置かれた環境の変化によって、その確かだった関係にヒビが入っていくのがよくわかります。

サテク妃がかなり怖いです。

30代男性

本作の一番の見どころは、何といってもケベク役のイ・ソジンの演技・立ち振る舞いにあると思います。

イ・ソジンは『イ・サン』で見せたような柔和な王様役とは違い、名将軍役ですので迫力がまず違います。

また、年万人も率いたとされる戦いのシーンも見どころの一つです。

時代劇の中にはチープな殺陣シーンがしばしばみられますが、本作は臨場感があり楽しめます。

30代男性

ケベクでの最大の見どころは、百済の将軍ケベクと王のウィジャ、そして2人の幼なじみのウンゴの三角関係です。ときに協力し合い、ときに利害が絡み敵対する場面があります。

韓国ドラマの定番ではありますが、ストーリーに引き込まれます。

また二部構成になっており、前半はサテク一族との戦い、後半は新羅との戦いです。

どちらも手に汗を握る展開を見せ、観るのをやめられなくなってしまいます。

ラストはとても悲しく観るのが辛すぎました。史実上仕方ないのですがハッピーエンドを望んでいました。

30代女性

主人公ケベクを演じるイ・ソジンの男らしい演技がとても素敵です。

壮大な歴史ドラマですが、歴史を知らなくても全然大丈夫だと思います。私は全然知りませんでしたが、観ていればだいたいわかりました。

恋愛、友情、信頼、裏切り、祖国への忠誠心など、さまざまな感情が交錯して目が離せません。

シリアスなドラマですが、観やすかったです。

40代女性

過去にもドラマ化される程の人気があり、百済末期に実在した有名な武将であるケベクが主人公の作品です。

主演のイ・ソジンを始めとする登場人物が豪華で、衣装や背景の素晴らしさに引き込まれます。特に、作品中に登場する戦闘シーンは、ドラマとは思えないほどのレベルの迫力と豪華さが圧巻です。

前半から後半への展開が大きく変わるなど、じっくり見たい方にお勧めの作品です。

50代女性

日本の歴史の授業で馴染み深い、百済の滅亡を描いたドラマなので、共感はできないにしても、特に後半は理解できる展開が多く興味深く見ることが出来ました。

何があっても冷静で忠義を尽くすケベクに感動します。

ウンゴの悪女への変貌ぶりと、ウィジャ王の悪ぶりにも注目です。

最大の見どころは、戦闘シーンで迫力があり、映画のような見ごたえがあります。

悲劇とは反対に、青々とした草原の美しさに目を奪われます。

 

階伯(ケベク)の評判

 

階伯(ケベク)を無料で観る方法は?

U-NEXT

韓国ドラマ【階伯(ケベク)】の内容と感想をママ友の静子さんに紹介してもらいました。

静子さんが韓ドラを視聴するために使っているサイトはU-NEXT(ユーネクスト)です。

実は私もずっと前からU-NEXTを使っており、いつでも韓ドラを視聴できる環境ではあるのですが・・・なかなか時間が取れないと言い続けて数ヶ月。

 

U-NEXTは月額1,990円かかりますが、毎月1,200円分のポイントが貰えるので実質790円です。

とはいえ、毎月費用がかかるのは事実です。

 

ところが、U-NEXTには最初の31日間が無料になるトライアル期間があり、その期間に退会すれば料金は一切かかりません。

そしてトライアル期間中は全てではないのですが多くの韓国ドラマが無料で見放題で、今回紹介した【階伯(ケベク)】も無料で見放題です。

しかもアプリもあるのでスマホでも視聴可能!

 

ちなみにU-NEXTで見放題な代表的な韓国ドラマはこんな感じです。

 

見放題の韓国ドラマは400作品以上で、おそらくですが動画配信サービスではU-NEXTが1番韓国ドラマが充実してるのではと思われます。

 

さらにU-NEXTでは70誌以上の雑誌が読み放題です。

 

無料期間中ももちろん読み放題!

 

そしてよく意味がわからないのが、無料登録しただけで600円分のポイントが貰え、このポイントで有料の新作映画やドラマの視聴が可能です。

無料期間で退会しても返金などの請求はないので、ただで600円貰えるようなものなので本当に意味がわかりませんw

 

私が無料登録したのはかなり前になるのですが、600円分のポイントで漫画を購入した覚えがあります。

漫画以外でも小説やビジネス書などの書籍も購入できます。

ただし、ビジネス書は600円では買えないと思うので気をつけてください。

 

彼女や奥さんが韓ドラ好きの男性は、是非この機会に韓ドラに挑戦してみましょう。

きっと共通の話題で盛り上がると思いますよ。

600円分のポイントで彼女や奥さんに何かプレゼントしてあげてもいいでしょうし、女性向け雑誌が多いので自分用ではなく彼女や奥さんのためにU-NEXTに登録するのもありですね。

 

紹介している作品は2018年4月時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、詳細はU-NEXTホームページにてご確認ください。

 

U-NEXTで配信が終了している時は?

Hulu(フールー)

韓流バナー

もしもU-NEXTでの配信が終了していた場合はHulu(フールー)がおすすめです。

Huluは日テレが親会社なので国内ドラマ(特に日テレ)や海外ドラマに強い印象がありますが、実は韓国ドラマも配信しています。

 

視聴できる韓ドラの本数はU-NEXTの方が上ですが、U-NEXTでは配信していない作品や終了した作品を視聴できたりします。

そして月額費が933円(税抜)とU-NEXTより安いのも魅力。

ただし、無料期間がU-NEXTは1ヶ月なのに対しHuluは2週間と短めだったり、ポイントや雑誌の読み放題などはありません。

 

U-NEXTで視聴できない作品は一度Huluで検索してみるといいですよ。

 

dTV

★韓国ドラマ

HuluでもU-NEXTでも視聴できない時はどうすればいいの?

そんなときはdTVを確認してみましょう。

 

以前はドコモユーザーしか使えなかったりしましたが、現在はドコモ以外のユーザーも視聴できます。

魅力はなんといっても月額500円(税抜)という安さです。

 

月額500円なので雑誌の読み放題などはありませんが、とにかく動画の種類と本数が多いです。

それこそヨガなどのフィットネスからカラオケ、ライブ映像、PVもあったかな?

韓ドラだけならU-NEXTの方が本数が多い気がしますが、全ての作品数だと国内最大かもしれないですね。

あとはdTVだけが扱っている韓ドラがあったりするのも特徴です。

 

dTVも無料トライアル期間は31日間となります。

 

階伯(ケベク)をテレビで視聴するには?

我が家ではU-NEXT、Hulu、dTVの全てに加入しており、アップルTVを使ってテレビに出力して家族で視聴したりしています。

※韓ドラ以外の動画ですが・・・。

 

アップルTVはiPhoneの画面をコードレスでテレビに出力できる機器で、アップルTVを使えばYouTubeの映像もテレビで視聴することができます。

そんな大変便利なアップルTVですが、欠点は値段が高いことです。

私が購入した時は2万円位したのでヨドバシのポイントをかなり使った記憶があります><

 

コストを抑えてテレビで視聴するならAmazonが発売しているFire TV Stickがおすすめです。

 

できれば4Kがおすすめ。

 

Fire TV StickはAmazonプライム会員ならプライム・ビデオが追加費用なしで見放題のようです。

なので、もしFire TV Stickを購入するならAmazonプライム会員になることをおすすめします。

Amazonプライムでも韓ドラを視聴することが可能ですが、ちょっと見放題は少ない印象もあります

 

韓国ドラマおすすめランキング

韓国ドラマ好きのママ友にアンケートして韓国ドラマのおすすめランキングを作成しました。

これから韓国ドラマを視聴しようとしている方は是非参考にして頂ければと思います。

 

間違いなくハマる!

面白い韓国ドラマおすすめランキングはこちら。

 

韓国ドラマと言えば胸キュン!

キュン死必至のキュンキュン系韓国ドラマのランキングはこちら。

 

号泣が気持ちいい!

泣ける感動系の韓国ドラマおすすめランキングはこちら。

 

韓国ドラマの王道!

ドロドロっぷりが半端ない復讐系韓国ドラマランキングはこちら

 

名作が多い!

歴史・時代劇のおすすめ韓国ドラマランキングはこちら