時代劇や歴史系の韓国ドラマおすすめランキングを作成しました。

とはいえ、私は韓国ドラマを普段ほとんど視聴しません。

ママ友の話を聞くと凄く観たいと思ってはいるのですが、なかなか時間が・・・と言い続けて何ヶ月経過したって感じですが。

 

私の周りには韓国ドラマにハマってるママ友が意外と多く、なんとなくもうピークは過ぎた印象だったので正直驚きました。

そんなに面白いんだったら、これがおすすめって言う【時代劇】【歴史系】韓国ドラマは何か聞いてみました。

 

実際に視聴した感想や口コミもまとめているので、私のようにこれから韓ドラを視聴してみようと思っている男性は是非参考にして下さい。

彼女や奥さんが韓国ドラマにハマっているという男性もいるかと思うので、このランキングを参考に共通の話題で盛り上がって下さい!

 

【時代劇】【歴史系】韓国ドラマおすすめランキング!

それでは早速【時代劇】【歴史系】韓国ドラマおすすめランキングを発表します!!

ドラマの詳細に関してはランキングのあとで紹介しますね。

 

  • 10位: ファン・ジニ

16世紀朝鮮王朝時代に実在した芸妓、ファン・ジニの波乱の生涯を描いた歴史大作

  • 9位:イニョン王妃の男

朝鮮時代の役人と無名女優が時空を超えて出会ったラブファンタジー

  • 8位:王女の男

全てを奪われた男と仇の娘…許されざる恋を描いた、朝鮮版「ロミオとジュリエット」

  • 7位:六龍が飛ぶ

民のための理想国家を目指して、朝鮮王朝建国のために6人の英雄が立ち上がる

  • 6位:シンイ-信義-

現代の女医と高麗武将の時空を超える恋を描いたファンタジックなロマンス時代劇

  • 5位:善徳女王

朝鮮半島初の女王、善徳女王の波乱に満ちた半生を描いた超大作

  • 4位:朱蒙

ダメ王子が建国の英雄に。最高視聴率52.7%を記録した波乱万丈のストーリーが面白い!

  • 3位:イ・サン

名君とうたわれた朝鮮第22代王・正祖の波乱に満ちた生涯を描いたイ・ビョンフン時代劇

  • 2位:奇皇后

数奇な運命に翻弄されながらも気高く生きたヒロインの生き様に胸打たれる大河ロマン

  • 1位:トンイ

イ・ビョンフン監督が贈る、低い身分から王の側室に上り詰めた女性の一代記

 

 

【時代劇】【歴史系】韓国ドラマのキャストや感想・口コミ

【時代劇】【歴史系】韓国ドラマのキャストや感想・口コミを紹介します。

韓国ドラマをまだ視聴していない私が紹介するよりも、実際に韓国ドラ視聴して面白くてハマってるママ友に紹介してもらった方が説得力があるので、ママ友の杏さん、静子さんに紹介をお願いしました。

 

10位 ファン・ジニ

出典:U-NEXT

  • 見どころ

主演のハ・ジウォンはあでやかな舞や見事な古楽器の演奏を披露し、KBS演技大賞に輝いた。「韓国ドラマ史上最も豪華」と称された衣装や装飾品の数々にも注目。

引用:U-NEXT

  • あらすじ

両班(ヤンバン)の父と、妓生(キーセン)の母の間に生まれた少女・チニ。母は娘に自分と同じ道を歩ませたくないと、幼い娘を寺に預けた。しかし、母の反対を押し切って自ら妓生の世界へ足を踏み入れたチニは、次第に天性の舞踊の才能を開花させていく。

引用:U-NEXT

 

ファン・ジニのキャストと相関図

前編

 

後編

 

ハ・ジウォン【ファン・ジニ/ミョンウォル役】
静子

“かっこいい女性”の代名詞とも言えるハ・ジウォンさん。

ドラマ『チェオクの剣』で一気に知名度を高め、その後は次々と主演を飾っています。

ドラマでは”かっこいい女性”の役が多いですが、インタビューではふんわりとした女性らしい姿が印象的でした。

 

【ファン・ジニ】では、朝鮮一の妓生を演じています。

妓生であった母の血筋を受け継ぎ、舞の才能を生まれ持っています。

芸に対してストイックな性格で、常に探究心を欠かしません。

 

キム・ヨンエ【ペンム役】
静子

迫力と存在感の大きさで、キム・ヨンエさんに敵う人はなかなか居ないのではないでしょうか。

その迫力ゆえに、悪役や厳格な役柄が多いキム・ヨンエさんですが、たまに演じる優しい女性像も見事に演じています。

 

【ファン・ジニ】では、松都の妓楼の行首という役どころです。

芸に対する信念が強く、ゆえに指導も厳しい女性です。

チニの才能を見出して以降、チニを何としても妓楼に迎え入れようと画策します。

 

チャン・グンソク【キム・ウノ役】
静子

子供服モデルでデビューをしたチャン・グンソクさん。

ドラマ『美男ですね』で絶大な人気を誇りました。そして日本で『美男ですね』がリメイクされた時に特別出演したことは有名ですよね。

また流暢な日本語を生かし、日本のテレビ番組『徹子の部屋』『ダウンタウンなう』などに出演しており、日本のファンに強く愛されています。

 

【ファン・ジニ】では、両班の息子を演じています。

両班の息子で、妓生になる前のチニと出会い、そしてお互いに惹かれあう関係です。

 

キム・ジェウォン【キム・ジョンハン役】
静子

軍人や警察官を夢見ていたという、男気あふれるキム・ジェウォンさん。

それゆえに”美しい男性”と評された時は、自身では違和感があったそうです。

物寂しげで中性的な役柄から、男気あふれる役柄まで、幅広い演技力を持っている俳優さんです。

 

【ファン・ジニ】では、礼層判書という役どころです。

チニが身投げした時に助けて以降、鉄の心と繊細な心を併せ持つチニに惹かれていきます。

 

チョン・ミソン【ヒョングム役】
静子

ドラマの重要な役をいつも担っているチョン・ミソンさん。

主演を務めることは少ないですが、いつも比重のある役を演じていて、ドラマには欠かせない女優さんです。

 

【ファン・ジニ】では、チニの母を演じいています。

両班の男性との間にチニをもうけました。

しかし視力を失った上に自身が妓生であることから、つらい人生を歩んで欲しくないと思い、チニを寺に預けます。

 

ファン・ジニの感想

静子

【ファン・ジニ】は、妓生として生き抜いたひとりの女性の物語です。

本来、あの時代の妓生は身分としては低いはずなのですが、ハ・ジウォンさん演じるチニの立ち居振る舞いからはとてもそう感じないんですよね。

堂々としていて、妓生であることに少しの恥もない、凛とした姿には何度も目を奪われました。

 

ハ・ジウォンさん、これがまた化粧栄えする女優さんなんですよね~!

ドラマ『奇皇后』の時にも思いましたが、ナチュラルメイクの時の素朴な感じも良いですが、化粧後の華やな姿は本当に美しいです。

 

ドラマの前半は、チニが妓生になるまでの壮絶な道のりが描かれています。

大きな見どころとして、チャン・グンソクさんとのラブラインがあるのですが、個人的にその部分がとても惜しかったです。

 

と言うのも、当時のチャン・グンソクさんは17-18歳なんですね。

あどけなさが残る(15歳ぐらいに見える)かわいいチャン・グンソクさんに対して、ハ・ジウォンさんの年齢が見合っていないように感じたのです。

そこだけが残念でしたー。

 

ですが、ドラマ自体はとても心に残る内容でした。

チニという女性の生き様が、せつなく苦しくて見ごたえがあったからです。

中盤以降は特にチニのその苦しみがよく表れていたと思います。

 

中盤ではチニが妓生となり、そして第2のラブラインが始まります。

ウノを失ったことで頑なに心を閉ざしているチニが、少しずつジョンハンに心を許していく様が見どころです。

 

いつまでもウノの面影を心に置いて愛を貫こうとする一方で、ジョンハンに心が揺さぶられていく、その心情が繊細に描かれていました。

愛する人を失いどれだけ苦しんでも、”時間”という最も効力のある薬がチニの心に浸透し、また新たな愛が始まってゆく。

せつなくて苦しくて繊細で、それでいて美しいラブストーリーでした。

 

そして【ファン・ジニ】の素晴らしいところは、内容が恋愛だけにとどまっていないところなんですよね。

都への進出を夢見る、チニ属する教坊(妓生の教育施設)とライバルの教坊の戦いも見ごたえがあります。

敵ではありますがライバルの行首メヒャンは嫌いになれない存在でした。

 

野心も冷徹な部分もありますが、メヒャンの現実的な思考も一理あると納得できたからです。

弟子に対する「お前の父を助けたのは私ではなく、私の権力だ。

だからお前も朝鮮一の妓生になって、私の権力を引き継げ」という台詞が特に印象的でした。

 

そして何より、チニの生き様と選択は、見ていてひとりの女性として応援したくなりました。

チニという人物は、妓生という職業ではありましたが、女性として憧れる強さとかっこよさがあります。

特にラストは良かったですー!

 

ネタバレになるので詳しくは言えませんが、チニの選択には心が震えました。

【ファン・ジニ】は華やかさと苦しみを併せ持った”妓生”の女性たちの生き様を、重厚に描いたドラマです。

せつない恋愛模様からも目を離せないこと間違いなしです!

 

ファン・ジニの口コミ

30代男性

心躍る韓国ドラマの原点がここにあると言えるファン・ジニは、安定したストーリー展開が見ものです。

ハ・ジウォンとチャン・グンソクの2大スターが織りなす演技には、見る者の心を奪ってしまうほどの効果が隠されています。

さらに韓国の妓生を扱った作品は、話題を呼ぶこととなり、KBSの制作にしては大胆な箇所が多く点在しています。

20代女性

朝鮮時代の、妓生のは毎回はかない恋愛ドラマで、毎回ドキドキしながら見ることができました。

時代が時代であったため主人公だけではなく、ほかの恋愛や失恋も表現してあります。

はかないシーンでは、毎回涙が止まりませんでした。

韓国の歴史についても少しですが学ぶことができますし、人の感情喜怒哀楽を表現しています。

三角関係やかなわない恋愛に涙する妓生などです。

何度もみることのできるドラマだと思います。

50代女性

ファン・ジニは、朝鮮王朝時代に実際に存在した妓生のファン・ジニの人生を描いたドラマです。

このファン・ジニの見どころはジニの美しさや切ない恋の話がどうなってしまうのか目を離せなくなってしまうとことろです。

ファン・ジニを演じるハジウォンさんの演技が見事で、本物のファンジニではないかと思ってしまうほどです。

40代女性

ひと言でいうと綺麗です。

色とりどりの韓服を着た綺麗な女優さんたちがたくさん出てくるので、それだけで目の保養になります。

展開が早くて、話の内容自体もドキドキして面白いのですが、何より画面の華麗さが見どころだと思います。

着物とは違った韓服の配色や小物が魅力的で、韓国の四季の景色や建物の美しさと調和して、とても綺麗なドラマになっていると思います。

韓流ドラマに興味がなくても、装飾系に興味がある方や、色を使った仕事をしている方は楽しんでいただけると思います。

40代女性

妓生の女性から産まれた女の子、母を知らずに育ち町で見た妓生の虜になり教坊に入り母と再会する。

とても美しくなっていく姿に誰もが虜になっていく中、彼女も2人の男性と恋に落ちるが、しょせん妓生上手く行くはずもなく悲しく辛い人生を歩んでいくけど、踏ん張って自分が決めた道をひたすら進んで行く姿は素敵です。

主役の彼女の波乱万丈な人生を描いたドラマです。

40代女性

まずは主人公の初めての恋。

まだ子役でしかなかったチャングンソクが悲恋の相手役をつとめます。

さらに続く大人の恋ももちろん見所満載。

史劇は苦手という方もハジウォンの圧倒的な目力、演技力に引き込まれちゃっうはずです。

割と現在までも活躍中の俳優さんもたくさん出ているので、そういうところでも見やすいのではないでしょうか。

30代女性

ファンジニは韓国の妓生の話ですが、女として生きるよりも芸を極めることに生きる女性の話なので、仕事に恋に妥協したくない現代の女性にも共感できる部分は多いです。

まだ日本でブレイクする前のチャングンソクが主人公の恋人として登場するので、若き日のチャングンソクの初々しい姿も見どころです。

妓生や芸で使う道具などの豪華さにも目を張ります。

40代女性

身分の差ゆえの許されざる恋、彼女の人生に多大な影響を与える男性たちとの出会い、芸をめぐる師との衝突など、可憐さと強さを併せ持った難しい主人公チニを、ハ・ジウォンが見事に演じています。

彼女をとりまく俳優陣も、存在感のある演技で見どころ十分です。

一人の人生を倒して、当時の時代背景や身分制度も理解でき、ただのラブストーリーではない優れた作品です。

40代女性

朝鮮王朝時代に実在した妓生であり、その卓越した芸の才能で、女性芸術家としても名を残した女性の愛と芸に生きた、波乱の半生が描かれた作品です。

朝鮮時代の厳しい身分差別、女性差別にも反旗を翻し、本音で生きる主人公ですが、彼女の人生に影響を与える男性との出会いがその後の彼女の運命をも変えていきます。

作品中の美しい風景、豪華な衣装、装飾品等も見どころの一つです。

50代男性

16世紀の朝鮮王朝時代が舞台の歴史ドラマです。

宮中での宴席で舞踊や歌を披露する女性たちは、妓生(キーセン)と呼称されていました。

その中でも、幅の広い伎芸を兼ね備えており、朝鮮最高の名妓と呼ばれた女性がいました。

彼女の名は「ファン・ジニ」。彼女の壮絶にして激動の人生を、ハ・ジウォンやチャン・グンソク出演で描きます。

 

 

9位 イニョン王妃の男

出典:U-NEXT

  • 見どころ

粛宗治世の時代背景を盛り込みつつ、現代のドラマと絡めた緻密な脚本が見事。頭脳明晰ゆえに現代文明にもスマートに対応するプンドがかっこよく、恋をせずにはいられない。

引用:U-NEXT

  • あらすじ

弘文館の校理キム・プンドは、イニョン王妃を暗殺者から守ろうとして危機一髪の瞬間、300年後の現代にタイムスリップしてしまう。そこで出くわしたのは、ドラマ「新・張禧嬪」でイニョン王妃役に抜擢されたばかりの売れない女優のヒジンだった。

引用:U-NEXT

 

イニョン王妃の男のキャストと相関図

 

ユ・インナ【チェ・ヒジン役】
静子

ドラマ「シークレット・ガーデン」や「最高の愛」など、知名度の高いドラマに多数出演しているユ・インナさん。

ヒロインの友人役やライバル役など、重要な役どころを演じ経験を重ねてきました。

 

天然さとセクシーさを併せ持つ女優さんですが、今回の【イニョン王妃の男】でもその武器を存分に発揮していました。

役どころは無名の新人女優で、頑張り屋だけど少しドジなところもある、同性から見ても可愛いと思える女性です。

 

チ・ヒョヌ【キム・ブンド役】
静子

【イニョン王妃の男】のヒロイン役ユ・インナさんとお付き合いしていたことは有名ですね。

最終話の放送を記念して設けられたイベントでの生告白は、大きな話題となりました。

【イニョン王妃の男】の撮影の途中でユ・インナさんを好きになったとのことで、「いつや!どのタイミングや!」という目線で視聴するのもひとつの楽しみ方だと思います(笑)

 

演じた役どころは、現代にタイムスリップした朝鮮王朝時代のエリート官僚です。

頭脳明晰であるため、違う時代にタイスリップしても、記憶力と分析力で時代に順応していきます。

いつでも動じず冷静に最善を尽くせる、そんな姿が魅力です。

 

キム・ジヌ【ハン・ドンミン役】
静子

【イニョン王妃の男】では大スターで、かつヒジンの元彼という役どころです。

女優とのスキャンダルが絶えなくてヒジンと別れたのですが、何かと口実をつけてヒジンに電話をしたり会いに行ったりと、未練が見てとれます。

遊び人で子供っぽいけどどこか憎めない、彼の演技に注目です。

 

カ・ドゥッキ【チョ・スギョン役】
静子

【イニョン王妃の男】ではヒジンのマネージャーで、友人という役どころです。

ヒジンに何かあるたび、自分のことのように怒り、喜ぶ、情に厚い友人です。

 

イニョン王妃の男の感想

静子

すごくすごくいい!すごくいいですっっ!

人間、本当に興奮すると語彙力が下がりますよね。

でも他に言葉が思い浮かばないんですよ。

すごくいいです!

ラブシーンがとにかく濃厚で、見ていて顔が熱くなりながらも、リピート再生してました(笑)

 

特に強く印象に残っているのは、足の甲に乗るアレと、ラストのシーンですね。

「足の甲に乗るアレ」って何、ですよね(笑)そのシーンが来れば”あ、これのことか”と絶対に分かりますし、強烈な印象として残り続ける、そんなラブシーンです!

 

ラブラインに関しては他にも見どころがたくさんあります。

まず1話で初めてふたりが出会った撮影現場。

タイムスリップして呆然としているブンドと、同じ出演者だと思って話しかけるヒジンの温度差がクスっときました。

それから3回目の再会では、ブンドが車の乗り方もシートベルトの仕方も分からず、全部やってもらうのが可愛いくて微笑ましいです。

 

そんな、現代でのふたりの熱々シーンはもちろん大きな見どころなのですが、過去パートでのシリアスな展開も目が離せませんでした。

それなりに過去と現代を行き来するのですが、構成がしっかりしているので、どちらの世界も見入ることができます。

前半は明るいラブコメの雰囲気が強いのですが、後半は切ない展開になってきて、タイムスリップ物ではつきものの「もう永遠に会えないのではないか」という切なさがありました。

 

【イニョン王妃の男】はラブストーリーに特化したお話で、そこにタイムスリップという王道ファンタジーもプラスされているので、少女マンガ好きの女性なら誰でも楽しめると思います。

超がつくほどの濃厚なラブストーリーをぜひ堪能してください!

 

イニョン王妃の男の口コミ

30代女性

歴史上有名なイニョン王妃の名前がタイトルに出ていることでイニョン王妃の恋愛を連想してしまいますが、実はイニョン王妃はほとんど登場せず、イニョン王妃時代の武官と現代の女優との恋愛なので、意外な展開になってくるのが見どころです。

ドラマを見ながらイニョン王妃時代の歴史の勉強もできるので、そうした歴史の流れも見どころです。

30代女性

イニョン王妃の男は、ヒロインが比較的早い段階で時空を超えて相思相愛になるので、見ていてドキドキするシーンが多いです。

もともと生きる時代が違うことで会いたい時に会えない、という切なさを感じることができますが、それよりも恋愛シーンのドキドキ感のほうが見どころです。

ネットのみで最終回の未公開シーンのラブシーンが見れるのも見どころになります。

30代男性

現在と過去がヒュージョンする時代を超えた究極のラブストーリーですが、さわやかな男女が見たい人におすすめです。

ストーリー自体より出演者の個性が強調されており、少ない話数ながらも楽しめる構成となっています。

自分の祖先を考えながら、この世の縁が何であるかを知るきっかけが、このドラマの中には存在しています。

50代女性

イニョン王妃の男の見どころは、300年前の朝鮮時代の弘文館の校理科が現代にタイムスリップして来て現在の女性と恋の落ちるという奇想天外な設定です。

過去と現在に生きる2人がお互いに理解しあいいつの間にか恋に落ちますが、この恋愛がどうなるのかを楽しみながら、ドラマを見ることが出来ますし途中で起きる悲劇に見る人は感動するはずです。

50代男性

タイムスリップ物のラブストーリーです。ブンド(チ・ヒョヌ)が命を落としそうになる場面で現代の韓国にタイムスリップ、そこで無名女優のヒジン(ユ・インナ)と出会い恋が始まります。

高長身のヒョヌの韓服姿がとてもよく似合っています。

ヒロイン役のユ・インナは、一捌すると派手なのですが、それだけではない内面からの明るさ・純朴さを併せ持った女性を演じます。

ドラマの二人の息の合った演技はとにかく素晴らしく、その演技力に圧倒されます。

キスの場面でのセリフ・囁きはまるで演技とは思えないほどです。

30代女性

300年前からタイムスリップしてきた男と現代の女が出会い、恋をするというの無理があるように思えましたが、良い意味で意に反していました。

心配していた点である時を隔ていることに関しての矛盾がなく、きっちりと整合してストーリー立てています。

面白かったシーンはキム・ブンドがタイムスリップしてきて現代の社会に戸惑っているところです。

現代の自動車やエレベーターに驚いたりします。

また現代のマナーを知らないため、ヒジンに嘘を教えられることもあり、ブンドが間に受けてしまっているところも笑えます。

後半はシリアスになるところもありますが、笑いあり涙ありの非常にバランスの良いどらまでした。

20代女性

ユ・インナとチ・ヒョヌの主演作品です!

ストーリーは、タイムスリップなどのファンタジー要素が多い作品です!

ユ・インナの可愛らしい演技も見どころの1つです!

ユ・インナとチ・ヒョヌのラブシーンは毎回ドキドキして見るのが楽しかったです!

ストーリー展開も面白いので飽きずに見ることができる作品だと思います!

初めての人も見やすいです!

30代女性

時代を行き来できる男性が、現世と過去のどちらの時代を選択するのかが見もので、王妃様や王様との忠誠のような絆で結ばれた人間関係が素敵です。

悪役を倒すための策略も良いし、現世で惚れた女性と女性の元カレと女性を巡る三角関係も見ごたえあります。

主演の女性が相手男性を大好きでたまらないという気持ちが伝わってきて、可愛らしいしぐさをするところが胸キュンです。

20代女性

同じタイムスリップの「屋根部屋の皇太子」といのを観ていたので、このドラマをちょっと避けてたんですけど、暇つぶしのため、これを観て、とてもかわいいロマンティックなドラマだなぁと思います。

ストーリーはもちろん、主人公二人の演技もとても素晴らしいです(ヒロイン役のユ・インナさんが可愛くて好きになってた)

本当に後味の良い作品だと思います。

50代女性

朝鮮時代のお役人に扮する、チ・ヒョヌ君が背が高くてカッコ良くてステキな役者さんです。少し低音ボイスなのも魅力的です。

ヒロイン役のユ・インナさんは、声が可愛らしく、本当に愛らしい女優さんです。

そんな二人の300年の時空を超えたラブ・ストーリーは、毎回、胸キュンが一杯!

現在人では出せない昔の男性の逞しさや頭脳明晰な役人としての振る舞いでヒョヌ君の魅力倍増!

こんな彼なら、誰だって恋しちゃいます!

タイムスリップラブファンタジーとして見応え充分ですよ!

 

 

8位 王女の男

出典:dTV

  • 見どころ

韓流スター、パク・シフが主人公スンユを熱演。お茶目なプレイボーから、復讐に燃える男、愛を守り抜くロマンチックな姿まで魅力的に演じ「スンユ患い」に陥る人が急増!

引用:U-NEXT

  • あらすじ

第5代王・文宗の時代。重臣キム・ジョンソの息子スンユは、王宮で出会ったセリョンと恋に落ちる。だがセリョンの父スヤン大君は密かに王位を狙い、文宗の死をきっかけに、敵対勢力であるキム・ジョンソを排除。全てを失ったスンユはスヤンへの復讐を誓う。

引用:U-NEXT

 

王女の男のキャストと相関図

 

パク・シフ【キム・スンユ役】
静子

パク・シフさんは、ドラマ『家門の栄光』での熱演が評価され、その後は順調に韓流スターとして登りつめました。

『逆転の女王』『清潭洞アリス』『検事プリンセス』など多くの作品で主演を務めています。

 

【王女の男】では、王室の教育を担当する講師という役どころで、右議政の息子です。

道楽息子で、時に妓生にイタズラで付けられたキスマークに気づかぬまま講義を行うことも。

物怖じしないため礼儀知らずともとれる言動が多いですが、根は優しくてお茶目な青年です。

 

ムン・チェウォン【イ・セリョン役】
静子

ドラマ『風の絵師』で魅力的な妓生を演じ、存在を知られ始めたムン・チェウォンさん。

その後は『華麗なる遺産』『お嬢様をお願い』で重要な役柄を演じ、ドラマを支えました。

 

【王女の男】では、首陽大君の娘を演じています。

女子の身でありながら馬に乗りたがる、非常に快活な性格です。加えて、王女に成り代わる申し出をする豪胆さも持っています。

その性格ゆえに、初めて会ったスンユ(キスマーク付き)に対し、辛辣な言動をとりました。

 

父親の首陽大君がスンユの家を没落させてからは、自責と苦しみで、快活さが影を潜めます。

スンユの憎しみと苦しみを、ただ黙って己の身で受け止める姿は胸を打たれるものがありました。

 

ホン・スヒョン【キョンヘ王女役】
静子

芯の通った、凛とした女性像がよく似合うホン・スヒョンさん。

【王女の男】では、気品が高く怖いもの知らずな王女を演じています。

セリョンに劣らず豪胆な性格で、それゆえセリョンとは馬が合い、幼い頃から親しくしていました。

しかし、結婚相手のスンユとセリョンの親しすぎる仲を知り、セリョンと距離ができてしまいます。

セリョンの父の首陽大君が、王を脅かす存在だと知ったことも、距離が開いた要因でした。

 

ソン・ジョンホ【 シン・ミョン役】
静子

【王女の男】では、スンユの親友を演じます。後のセリョンの婚約者でもあります。

快活で賊をも恐れないセリョンに惹かれ愛します。

しかしセリョンの心にはスンユしかおらず、それを悟ったミョンは、スンユに敵対していくことになります。

 

王女の男の感想

静子

韓国では”スンユ患い”した視聴者が続出したとのことですが、私も重症患者のひとりです(笑)

パク・シフさん演じるスンユに感情移入をしすぎて、オープニングを一瞬見ただけで涙腺崩壊してしまうほどです。

 

そんな【王女の男】の前半のストーリーは、セリョンが王女に成りすまし、言い争いながらも徐々にお互い惹かれていく展開が主軸です。

その頃のふたりは無邪気で、怖いもの知らずで天真爛漫で。

茶目っ気たっぷりのスンユと、快活で可愛らしいセリョン。心に淀みがなくて、見ていて眩しかったです。

そこから、苦しい展開と共にふたりの明るさも消えていってしまうので、この幸せな束の間の時間をじっっっくり見ておいて欲しいです!

 

その後は、首陽大君がスンユをどうにか亡き者にしようと、あらゆる手段を使って陥れてくるんですよね。

排除したいのはスンユだけではなく、政敵であるスンユの父も邪魔な存在なため、暗殺してしまうんです。

そのシーンが1話の冒頭のシーンですね。

 

父を殺し、家を没落に陥れたのが、愛するセリョンの父だと知って、そこからが【王女の男】の第二の始まりです。

愛した女性が、一瞬にして父の仇となってしまったその瞬間のスンユの表情が忘れられません。

そこからはもう完全にスンユに感情移入をしてしまって、スンユ目線でドラマを見ていました。

 

どれだけセリョンに憎しみをぶつけ冷たく接しても、心からは突き放せない。

そんな苦しみにもがくスンユの表情には何度も胸が締め付けられました。

闇落ちしてからのスンユの演技は、”スンユ患い”という言葉が生まれるだけあって、心を揺さぶられます。

 

それだけ苦しんでいるスンユにこう言うのも気が引けるのですが、闇落ちスンユがこれがまた相当かっこいいんです。

どうして影のある男って、かっこよく見えるんでしょうか!

その疑問はさておき、地の底まで苦しむふたりですが苦しみ抜いた分だけ、再び心が通い合った時は本当に報われますよね。

その瞬間をぜひとも見届けてください!

 

重くなりがちな展開の中でも癒しを与えてくれたのは、キョンヘ王女とチョン・ジョン。このふたりの夫婦は本当に最高でした。

ジョンは両班でありながらも家の力は強くなく三枚目で、最初はジョンに見向きもしなかった王女が、温和で男らしいジョンに心を開いていくんですよね。

王女の柔らかくなっていく態度を見ながら、”今のトキメキポイント分かるー!”と共感してました(笑)

イケメンにときめくのは普通だと思いますが、三枚目の脇キャラ(失礼!)にときめくことはなかなか無い!それだけ内面が魅力的ということですよね。

 

【王女の男】は、許されざる恋に身を置いたふたりのシリアスなラブストーリーで、苦しみ抜いたあとの幸せが胸を打つドラマです。

“韓国版ロミオとジュリエット”と謳われるのも納得の、究極のラブストーリーをご堪能ください。

 

王女の男の口コミ

40代女性

主役の二人は架空だけれど、時代背景は史実に基づいていて、周りは実在の人物が多かったので、ストーリーの軸がしっかりとしていて見ごたえがあった。

主人公たちとは別のもう一組の男女の関係も切なくて大好き。そのもう一人の「王女」役の女優の演技が素晴らしい。

個人的にはこのドラマの中で、もう一人の「王女」が一番好き。

これを見てから、史実を知りたくなり調べるようになった。

50代女性

王女の男は、王女であることを知らないスンユと王女のセリョンが恋に落ちてしまう話です。

ただの恋愛のドラマではなく、この時代ならではの政治的な思惑などで2人は何度も引き離され、スンユは自分の家族を殺されてしまい復讐の鬼となってしまいます。

そんなスンユを王女は愛し続けますが、この2人が結ばれるのかが分からずそこが見どころです。

30代男性

王女に成り代わって物語が進行していくストーリーは、回を追うごとに視聴者を釘付けにします。

いつ真相がバレるかという不安要素がドキドキ・ハラハラにつながり、最終回まで観てしまうという傾向が多いようです。

王族の厳しさを見ながら、明日への活力を見出すヒロインの演技に注目です。

王女の境遇を知れば、あなたも韓国ドラマの虜になると思われます。

30代女性

パク・シフが遊び人のような男を演じていたかと思えば、一変して復讐に燃えるシリアスなキャラを演じているのが魅力だと思います。

ヒロインのムン・チェウォンも透明感があってよかったです。

ロミオとジュリエットのような許されない恋などの設定が好きな方、歴史好きの方、必見です。

最初から展開が早くて目が離せません。切ない場面が沢山出てきます。

30代男性

韓国は時代劇が本当に好きなんですね。だけど現代だろうが、過去だろうが恋愛話なのはお決まりで、その上ロミオとジュリエットのような敵対関係の娘と息子が惹かれるのもよくある話。

だけどそれを水戸黄門のようにお決まりのパターンとして楽しめるようになると、こうゆうドラマの面白さが分かるんだと理解してきました。とにかく、ムン・チェウォンが好きでそれだけでも十分でした。

60代男性

このドラマでパク・シフと言う韓国の俳優を初めて知りました。笑顔がいいです。そして目力があり適度な男の色気、セクシーさがある俳優だと思います。

私は韓国の王朝物が好きでNHKの韓国ドラマをよく観ますが、パク・シフが日本に来たときの私服姿もかっこよかったです。

韓国版のロミオとジュリエット感が強いドラマですが、歴史上にもとづいている部分もあるので、韓国の歴史物が好きな私には過去のドラマとの歴史上の人物の関連性も結びついて興味深かったです。

40代女性

このドラマは、もう何回も見ていて何回見ても切なくなります。

結婚する相手として出会い、親のせいで復讐の相手となってしまう。

それでもお互いに忘れられず苦しみます。

この時代の話は、だいたい見てますけど、恋愛要素がほかの時代劇より多いため見やすいと思います。

主人公だけでなく、主人公を取り巻く人達の恋愛も切なくなります。

内容は分かっていても、何度もリピしてしまうくらい面白いです。

韓国版ロミオとジュリエットみたいな感じです。

40代女性

韓国版のロミオとジュリエットと呼べるような、史実を元にした切なく悲しいラブストーリーです。

運命に翻弄されてしまう2人をパク・シフとムン・チェウォンが熱演。

韓流ラブコメにありがちな、胸キュンシーンは少ないですが、最後の最後まで2人の恋の結末が気になる作品です。

パク・シフの時代劇、韓服姿が最高にカッコいいのも見所の一つです。

40代女性

李氏朝鮮王朝を舞台にした、韓国版のロミオとジュリエット、運命に翻弄される2人の悲しくも美しいラブストーリーです。

長編作の多い韓国時代劇作品において、全24話のこの作品は、時代劇が苦手な人にもお勧めの一作です。

韓服姿のパク・シフの冷酷な表情とデレデレの姿が彼の魅力を最大限に引き出しています。

俳優陣、音楽、映像全てが良いです。

30代女性

政敵であると知らずにひかれあう男女の物語です。

パクシフの初期の明るさから、復讐に燃える姿は演技力が素晴らしいです。

刺客の姿も目付きも復讐に燃える姿そのものです。

初期の明るい姿と復讐に燃える姿の二面性をうまく演じています。

友情と恋愛がうまくいかずに交差する運命がおもしろく展開しています。

パクシフのかっこよさが光ります。

 

 

7位 六龍が飛ぶ

出典:U-NEXT

  • 見どころ

政治的な駆け引きや陰謀が渦巻く高麗から朝鮮への王朝交代期を描いたエンターテイメント大作。ユ・アイン、キム・ミョンミンをはじめ、実力派キャストが共演。

引用:U-NEXT

  • あらすじ

高麗末期の14世紀。イ・バンウォンは父が悪徳官僚のイ・インギョムの圧力に屈した姿を見て失望する。そんな中、バンウォンは民を守るために人々を鼓舞するチョン・ドジョンの姿に感銘を受ける。6年後、世の理不尽を嘆くバンウォンは、彼の志を知り…。

引用:U-NEXT

 

六龍が飛ぶのキャストと相関図

 

ユ・アイン【イ・バンウォン役】
静子

少し影のある役がとても似合うユ・アインさん。

ドラマ『トキメキ☆成均館スキャンダル』でも影のあるミステリアスな役を演じて人気を博しました。

 

【六龍が飛ぶ】では、朝鮮王朝第3代王イ・バンウォンを演じています。

国に対する理想と熱い情熱を持つ一方で、それを成す為に時として残虐性を垣間見せるという、演じるのが非常に難しいであろう役どころです。

史実上では自分を脅かす存在は徹底的に排除するという王で、その傾向は【六龍が飛ぶ】でも幼少期の頃から垣間見えました。

「善人」一辺倒の主人公ではないので、見る人によってかなり好みが分かれるかと思います。

でも私は好きです。人間らしいから。すごく、人間らしいから。

 

キム・ミョンミン【チョン・ドジョン役】
静子

カリスマという言葉を聞いて真っ先に顔が浮かぶ、キム・ミョンミンさん。

ドラマ『白い巨塔』『ベートーベン・ウィルス』でも圧倒的な存在感で主演を飾りました。

 

【六龍が飛ぶ】では、民のために新たな国を建国するという壮大な計画を持った、儒学者という役どころです。

早い段階からバンウォンの残酷性を察知し、開国の一員に加わることを反対していました。人を見抜く力が備わっている人物です。

そしてカリスマ性は【六龍が飛ぶ】でも健在で、第2話での演説シーンは胸を打たれました。

自分がその場にいたら絶対に心酔していたと思います。ミョンミン様!

それほどのカリスマ性と貫禄のある、キム・ミョンミンさんの演技に注目してください。

 

シン・セギョン【プニ役】
静子

シン・セギョンさんは、静かだけど芯のある役柄がとても似合う女優さんです。

善徳女王』や『明日に向かってハイキック』など数々の作品に出演していますが、いずれも相手を引き立てる”静”の演技が光っています。

 

【六龍が飛ぶ】では民として、国家建国のために全力で協力する役どころです。

バンウォンとは新国家建設の実現を願う同志で、また、惹かれあう間柄です。

 

ピョン・ヨハン【イ・バンジ/タンセ役】
静子

ピョン・ヨハンさんは、現代ドラマと時代劇ではガラっと印象が変わる俳優さんです。

未生(ミセン)』や『元カノクラブ』に出演していますが、イ・バンジ役と同じ俳優さんと気づかなかったぐらい、雰囲気が違います!

 

【六龍が飛ぶ】では朝鮮一ともいえるほどの腕前を持つ剣士を演じています。

ヨニの初恋の相手で、過去ふたりの間で悲痛な事件が起こり、それゆえ大きな距離ができてしまいました。

ヨニを助けられなかった自責から崖から飛び降りようとするところを、とある剣士に助けられ育てられ、殺し屋として戻ってきます。

ふたりの関係の行く末に目が離せません。注目ポイントのひとつです。

 

ユン・ギュンサン【ムヒュル役】
静子

【六龍が飛ぶ】では、単純でお調子者のムードメーカー。そして凄腕の剣士という役どころです。

シリアスで殺伐としがちな中で、癒し担当とも言える貴重な存在です。

前半は子供っぽさゆえの癒し的な存在でしたが、話が進むにつれて、苦悩が顔に刻まれ大人の顔になっていきます。

前半と後半では顔つきが全く違います。彼の成長ぶりに注目してください。

 

パク・ヒョックォン【キル・テミ役】
静子

【六龍が飛ぶ】では、髭に化粧という強烈なビジュアルに加えおねえ言葉、でも朝鮮一の剣士という役柄を演じています。

最初にキル・テミを見た時は、そのビジュアルに目が釘付けになりましたよ。

でももうほんと好き。

悪いやつなんですよ?悪のトップとも言える爺さんにくっついて悪事し放題で。

でも、気に入った相手には心を許し、意外と義理堅くもあり、なんだか「こども」みたいな人で憎めませんでした。

 

六龍が飛ぶの感想

静子

素晴らしい!ストーリーは骨太で、人間ドラマも重厚です。

まずストーリーですが。

【六龍が飛ぶ】は、開国という、同じ目標を持つ6人の同志が全力で協力し、時には全力でぶつかり合う、骨太のストーリーです。

実際に「新しい国を一から作る」ことはとてつもないほど大きな夢だと思うのですが、この6人ならやってくれる!という確信を持たせてくれます。

一緒に夢を見させてもらっているような感覚になれました。

 

それゆえに、仲間の衝突は見ていてつらかったですね。同じ目標に向かっているはずなのに、思い描くものが違うために起こってしまう衝突。

できることなら6人ずっと仲間のままで居て欲しいと、強く願わずにはいられませんでした(涙)

そんな6人それぞれの行く末が【六龍が飛ぶ】の見どころのひとつです。

 

そして何と言っても!主要人物の魅力が半端ないです!

ひとりひとり個性があって魅力に溢れています。書ききれないほどっ!

個性と言っても大げさなキャラクターだったり突飛だということではなく、等身大なんですよね。

 

ただ「善人」とかただ「強い」とかいう表の一面だけではなく、弱さにも焦点が当てられているので、人物に深みがあります。

だからこそ人間ドラマも表面上だけのものではなく、見ていて心が揺さぶられるのでしょうね。

 

ひとりひとりの物語すべてに見どころがあって書ききれないほどですが、特に心が揺さぶられた場面は。

まずはバンウォン(ユ・アイン)と、チョン・ドジョン(キム・ミョンミン)がぶつかり合うシーンです。

小さなぶつかり合いから大きなぶつかり合いまで、ふたりの対峙シーンはたくさんあるのですが、そのどれもが演技が素晴

らしくて見ごたえがありました。

演技の応酬って、こういうことを言うんだなって!(笑)

 

実は最初にキャストを見た時、カリスマ性の半端ないキム・ミョンミンさんの名前を見て「主演のユ・アインくん、演技喰われるんじゃ!?」と心配していたのですが、実際にドラマを見てみると、まっっっったくそんな事はありませんでした!

熱い情熱と行動力を持ちながら、時には冷徹な判断を下すというかなり難しい役柄を、ユ・アインさん見事に演じてました!

バンウォンと、チョン・ドジョンのふたりのぶつかり合いは、本当に見ごたえがありますよ。

 

続きまして、ピョン・ヨハンさん演じるイ・バンジ、とてもかっこいいです!最高にかっこいいです!

なんで立ってるだけでかっこいいんですか?

すごくすごくかっこいいのですが、でも、見ていて胸が締め付けられました。

 

というのも、バンジは、初恋の相手ヨニの過去の悲痛な蹂躙事件によって心に傷を持っているのですよね。

立ち姿だけでもその心の影が見えるほどです。

大きくて深いふたりの溝。埋めようとするバンジと、できないヨニが本当に切なくて。

このふたりの行く末も大きな見どころなのでぜひ注目してみてください!

 

主要人物以外のエピソードで特筆すべきは、王ワン・ヨと踊り子ユンランのエピソードですね。

ふたりの純愛に涙しました。

踊り子であり最強女剣士であるユンランは、一見地味な容貌なのですが人を惹きつける何かを持っています。

登場した瞬間から目を奪われました。佇まいが美しからでしょうか。こちらもご注目ください。

 

そしてドラマのラストは、しんみりしてしまいました。

やっぱり王ってどこか孤独ですよね。大事を成すためにいろいろなものを犠牲にするわけですから。

史実なので言ってしまうと、建国の目標は”達成”されるのですが…喜びよりもしんみりする気持ちが強いです。

でも全員の行く末には納得ができます。

なぜなら、それぞれ全員が、自分の信念・思想を貫いたから。

 

【六龍が飛ぶ】は骨太のストーリーに加え、魅力溢れるキャラクター達の人間ドラマに心を揺さぶられます。

男女どちらにも強くオススメできる作品です!

 

六龍が飛ぶの口コミ

30代女性

朝鮮王国初代王、大祖イ・ソンゲの息子五男のイ・バンウォンを中心に高麗末期から歴史がどのように動いていたのかがわかるドラマです。

五男イ・バウォンは野心を持ちながらも父イ・ソンゲの野心の無さを残念に思って過ごして来ました。

そのイ・バウォンが歴史を動かし、父を初代王にし、最後は自分の野心を実らせ、自ら王になるそのストーリーは壮大で大変面白いです。

60代男性

2015年のSBS演技大賞を12冠受賞した韓国歴史時代劇の”六龍が飛ぶ”は、朝鮮が官僚や政治家に牛耳られていた朝鮮の高麗の時代に民の為の朝鮮王朝建国の為に努力する六人の戦士たちの活躍を描く史実を元にして作られた韓国時代劇テレビドラマです。

儒学者であり「策士」に「武将」、その3男の「青年武将」に、その幼馴染の「情報通の娘」と、彼女の兄の高麗一の「剣士」、に彼が心を寄せる娘、貧しい家族の為に剣士になることを夢見て修行に励む「剣士」、彼ら6人の勇者の物語で、悪の集団や謎の組織との戦いを波乱万丈に描く韓国歴史時代劇スペクタクルで、あなたをとりこにする、おすすめのドラマです。

50代男性

主演は、朝鮮第3代王・太宗ことイ・バンウォンを演じます。

彼の師であり、のちに敵対する功臣チョン・ドジョンはキム・ミョンミンが熱演し、シン・セギョンがプニ役で出演しています。

また、ピョン・ヨハンが、随一の剣士となるイ・バンジを演じます。

剣士のムヒュル役は「ピノキオ」のユン・ギュンサンが演じます。

彼らの迫力の殺陣シーンも魅力的です。闘いの中でのロマンスにも注目です。

50代女性

六龍が飛ぶは、新たな朝鮮が誕生する時に登場した6人のヒーローの活躍や成長を描いたドラマです。

見どころは、この6人のヒーローのうち3人が実在の人物でドラマを見ることで朝鮮の歴史を知ることが出来ますし今までと違った確度から朝鮮の歴史を知ることが出来ます。

とくに韓国の歴史ドラマによく出て来る、イバウォンの成長して行く姿が注目です。

20代女性

主人公のイ・バンウォンを演じるユ・アインの繊細な演技が見どころです。

バンウォンは物語の中で内面に大きな変化を遂げることになる、かなり難しいキャラクターなのですが、ユ・アインは見事にその変化を体現して、バンウォンという人物を演じ切っています。

青年時代のやや頼りない雰囲気と、後半で見せる大胆不敵な姿のギャップが見事です。

20代女性

朝鮮建国に力を尽くした6人の英雄がいた、という物語です。

主人公・バンウォンとチョン・ドジョンを中心とした6人が力を合わせ、次から次へと現れる障壁や敵を乗り越えていく様子は観ていて爽快です。

ただの勧善懲悪ものというわけではなく、かなりドロドロした政治的な思惑や駆け引きなどの場面も多いので、歴史ドラマとしてとても見ごたえがあります。

50代男性

韓国では同時間帯で放送されたドラマの中で視聴率首位を獲得した作品です。

舞台は、高麗の滅亡から朝鮮の建国という戦国的な時代です。

開国の祖であるイ・ソンゲや、その部下であるチョン・ドジョン、後の3代王となる太宗(テジョン)イ・バンウォンなどの事実上の人物に、創作のキャラクター陣を加えて、朝鮮の建国にいたる家庭を描きます。

人気の時代劇である演出家と脚本家が再共同して、たくにに歴史とフィクションをミックスした作品にもっていっています。

主役のイ・バンウォンを演じるユ・アインは安定感のある実力派の俳優で、相手役のプニ役のシン・セギョンも実力派として注目株の俳優です。この二人のラブスト―リーにも注目位です。

30代男性

高麗から朝鮮に変わる激動な時期を描いたこの作品は、朝鮮のルーツを知りたい方にはおすすめです。

信頼できる武将から朝鮮の初代王まで上り詰めた男とその息子たちの親子関係は、実際は複雑そのものであります。

そんな人間関係を巧みに描いたことで、六龍が飛ぶは数々の賞を受賞する結果となりました。

時代劇好きは必見の内容です。

20代男性

「根の深い木」

韓国ドラマが好きな人だったら一度は目にしたことはあるのではないでしょうか?

そう、なんと!この「六龍が飛ぶ」と「根の深い木」は脚本家さんが一緒なんです!

「六龍が飛ぶ」は「根の深い木」よりも時系列では前の話ですので、随所に知っている方なら楽しめるネタが散りばめられています。

もちろん「根の深い木」を知らない方にもオススメです!

ピョン・ヨハンがカッコいい…(笑)

20代女性

まず、話の数がたいへんに長い作品です。

話の設定が時代もので、主人公の子供時代から始まります。

また、話の中では、メインの主人公以外の仲間たちの過去も同時に話の内容に色々な視点からとれることがあるので、違ってみえるのが面白いと思います。

また、ヒロインとのケンカっぽい掛け合いも面白いので、長い作品ですが楽しめると思います。

 

 

6位 シンイ-信義-

出典:Hulu

  • 見どころ

アジアのトップスターとして人気を誇るイ・ミンホが時代劇に初挑戦。真っ直ぐな心を持つ武将に扮し、美人女優キム・ヒソンと恋を繰り広げる。迫力あるアクションにも注目!

引用:U-NEXT

  • あらすじ

1351年の高麗。武将のチェ・ヨンは伝説の神医を連れてくるよう命じられ、天の穴をくぐる。そこは現代のソウル。チェ・ヨンは整形外科医のウンスを強引に連れ出し、ウンスはやむなく高麗で暮らし始める。やがて権力争いに巻き込まれたウンスに危険が迫る。

引用:U-NEXT

 

シンイ-信義-のキャストと相関図

 

イ・ミンホ【チェ・ヨン役】
静子

アジア中での人気は今トップクラスとも言えるイ・ミンホさん。

イ・ミンホさんと言えば、日本でも知名度の高い「花より男子」に出演し、新人演技賞を獲得しました。

日本版の道明寺司とはまた違った魅力で溢れていましたよね。

 

【シンイ-信義-】では、寡黙な高麗の武士という役どころです。

ヒロイン「ウンス」への、徐々に優しくなっていく視線に注目してみてください。

 

キム・ヒソン【ユ・ウンス役】
静子

美人の象徴とも言えるキム・ヒソンさん。

「ミスターQ」や「トマト」など、出演するドラマは次々と高視聴率を記録しました。

ドラマで身に着けていたアイテムが、翌日には韓国の人気アイテムになるという社会現象を起こしました。

 

【シンイ-信義-】では、ソウルから高麗にタイムスリップする美容整形外科医を演じます。

時代の違う高麗で悪戦苦闘しながら、彼女自身が成長していく過程が見どころです。

 

ユ・オソン【キ・チョル役】
静子

映画「友へ チング」でヤクザ役を演じ大ヒットしました。

悪役が多いユ・オソンさんですが、悪役ならではの不気味さには定評があり、いつも記憶に残ります。

 

【シンイ-信義-】では、高麗を元に服従させようと企んでいるキ皇后の兄を演じています。

武術に非常に長けていて、氷功を得意としています。

イ・ミンホさんとの戦闘シーンは見ごたえ十分なので注目してみてください。

 

イ・フィリップ【チャン・ビン役】
静子

ドラマ「太王四神記」で一気に知名度を上げたイ・フィリップさん。

神秘的な役柄がとても似合う俳優さんです。

 

【シンイ-信義-】では、高麗の宮廷内典医寺の侍医を演じています。

ヒロインとは同じ医者であるため、お互いに影響を受け合える存在です。

 

シンイ-信義-の感想

静子

イ・ミンホ(以下チェ・ヨン)さんがとにかくひたすらかっこいいです!!

顔がかっこいいとか、そんな単純なことではありません。

寡黙な武士という役柄もあって、佇まいが美しい。ただ立っているだけのシーンでも見入ってしまいます。

加えて台詞の破壊力が毎回毎回すごいです。

ラブシーンでも何でもない、普通のシーンの台詞でさえドキっとさせられました。

普通のシーンでもそうなのだから、ラブシーンで何度萌死にしたか分かりません(笑)

 

そんなチェ・ヨンの相手役のウンスもまた、好演していました。

無理やりソウルから連れてこられたこともあって最初は騒々しいのですが、チェ・ヨンとの関係が変わっていくと共に、包容力のある落ち着いた女性になっていきます。

チェ・ヨンの持つ心の傷にも静かに寄り添える、そんな女性です。

ただ守られるだけではなく、自分も相手を守りたいという姿勢も素敵でした。

 

大抵の時代劇が派閥や敵味方で分かれているように【シンイ-信義-】にもまたキ・チョルという悪役がいます。

はっきりとした悪役なので、誰と戦うべきなのか誰を倒すべきなのか分かりやすい構図になっています。

キ・チョルは高麗を元に服従させようと企んでいて、その野望のためにウンスを利用しようとします。

波乱の渦に巻き込まれていくウンスがどう乗り越えていくのか見守ってください。

 

主役ふたりのラブストーリーはもちろん【シンイ-信義-】の最大の見どころですが、恭愍王と王妃の関係にも目が離せませんでした。

最初はすれ違いがひどくて、よそよそしかったふたりの溝が少しづつ埋まっていきます。

王妃に対してどれだけ冷たく接していても、愛情が隠し切れていない恭愍王の演技、とても良かったです。

 

時空を超越し、別世界のふたりが波乱を乗り越えていく【シンイ-信義-】

主軸のラブストーリーも恭愍王と王妃のサブストーリーも、せびどちらも堪能してほしいです!

 

シンイ-信義-の口コミ

20代女性

イ・ミンホが主演だったので見始めました。

時代劇と現在が行ったり来たりして展開がすごい面白かったです。

内容的に過去と現在を行ったり来たりするので理解しづらいと思っていましたが、実際に見てみたら複雑な感じもなくスラスラと最後まで見れました。

また、韓国の歴史も少し理解できて勉強にもなりました。

イ・ミンホは時代劇をやっても似合っていて、相手の女優さんもすごくキレイで二人の息がぴったりだったので見ていてとても自然な感じでした。

50代女性

この信義の見どころは、現在にタイムスリップしたチェ・ヨンが神医と勘違いして現在の女医を高麗の時代に連れて行くという設定です。

高麗の時代に連れて来られた女医のユ・ウンスは、現在に帰れなくなってしまいヨンとウンスはお互いに恋に落ちてしまいます。

2人は多くの困難に直面しますが、その困難をどう乗り越えて行くかも見どころです。

30代女性

現代の医療技術を昔の時代で活かしたらすごいと感じる場面が多くあります。

声アリのテーマ曲も日本語ではなく韓国語で流れるのに良い曲に聞こえるし、その歌詞の意味もドラマとマッチしていて素晴らしいし、各場面ごとに流れるサントラも素敵なので、ドラマの場面に視聴者が惹きこまれやすい作品です。

お互いが好き同士だと視聴者視点ではわかるのに、いつまでも主人公格の男女がすれ違い、ウジウジ悩むというもどかしさが逆に良いと思えます。

30代女性

女性のほうが年齢が上だとは思えないほど医仙とヨンの見た目に違和感を感じないです。

守られるだけの主人公ではなく、きちんと相手を守りたいと思って、自分の意志で行動を起こす勇ましさに好感がもてます。

同じ時代に生きる2人ではないので、いつか別れがくることに怯えを感じているところが良いです。

とにかくヨン役のイ・ミンホさんがカッコよく、王様や王妃様もイイ人なので、サブキャラまで大好きです。

30代男性

アジアを代表するまでに成長したキム・ヒソンが出演していた時代劇です。

真実を追い求めるには何が必要なのかを、視聴者へ教えてくれる希少な作品であると言えます。

また時代劇の中でも衣装がきれいで、華やかなシーンが続々と展開されていきます。

さらに時代劇よりファンタジー要素が好きな人は、本作は十分に楽しめると思われます。

20代女性

主人公のウンスが、自分を高麗時代にタイムスリップさせた張本人であるチェ・ヨンに反発しながらも次第に惹かれて行ってしまう過程には見ごたえがあります。

韓国時代劇らしいドラマチックな展開やアクションも見どころです。

それからなんといっても、チェ・ヨン役のイ・ミンホがとてもかっこよくて、ウンスが羨ましくなってしまいます。

30代女性

美人女優として定評のあるキム・ヒソンの復帰作。

相手役に日本でも好感度の高いイ・ミンホが時代劇に初挑戦。

どこかで見たことあると思ったら、ソンフンや、ユン・ギュンサンも出ていました。

過去に戻るというファンタジー・ロマンスで、どういうことだ!?と悩むこともありますが最後はスッキリ!

ブランクを感じさせないキム・ヒソン、現代でも時代劇でもイケメンなイ・ミンホに楽しませてもらえます。

30代女性

この作品は、よくあるタイムスリップものという認識でみました。

合成されたCGによる背景が本当に素晴らしく驚きました。時代劇なのに背景の合成がすごくて、近未来な印象すらうけます。

韓国では、評価の低い作品ですが個人的には魅力ある作品だと思います。

ヒロイン二人の惹かれあう姿にドキドキします。時代をこえて愛をはぐくんでいく姿が心に響きます。

30代女性

イ・ミンホの武士の姿がとにかくカッコよくて、見ているだけで幸せな気分になれました。

ヒロインのキム・ヒソンは美人ですがコミカルなところもあって、とてもキュートです。

主人公が美男美女なのはやはりとてもポイントが高いです。

ペ・ヨンジュンが出演した「太王四神記」のキム・ジョンハク監督のドラマなので、演出もしっかりしていて良いドラマだと思います。

50代女性

イ・ミンホに現代からタイムスリップして過去の時代に連れて行かれてしまったお医者さんとの時空を超えたラブストーリーで、正義感もあり勇敢で頼もしいイ・ミンホが幾度となく困難なことを乗り越えていく姿が魅力的でした。

一途にお医者さんのことを思い続けて、ウンソも現代と過去をタイムスリップしながらやっと再会出来たことになんとなく胸がキュンとしました。

 

 

5位 善徳女王

  • 見どころ

イ・ヨウォンの溌剌とした演技と、妖艶な悪女を演じるコ・ヒョンジョンの静の演技のコントラストが圧巻。統一前の新羅が舞台で独特の身分制度や花郎たちの活躍も興味深い。

引用:U-NEXT

  • あらすじ

真平王の王妃マヤ夫人は双子の姉妹を出産するも「双子を産むと王族の男子が絶える」という言い伝えから、妹のトンマンを侍女ソファに託す。数年後、ソファの娘としてたくましく育ったトンマンは、双子の姉チョンミョンと運命に導かれるように出会うのだが…。

引用:U-NEXT

 

善徳女王のキャストと相関図

 

イ・ヨウォン【トンマン王女役】
静子

マヤ王妃から生まれた双子の妹で、史上初の女王。

双子であることを隠すために、侍女に預けられ砂漠で育ちます。

新羅に戻ってきてからは、男装して花郎に入ることに。

 

結婚して芸能界を退いていましたが2005年に復帰。

泣き演技の女王イ・ヨウォンと言われるだけあって、迫真の泣きの演技は見どころなので注目してみてください。

 

コ・ヒョンジョン【ミシル役】
静子

チヌン大帝の側室で、新羅の皇室を掌握しています。

トンマンと敵対しているものの、国を思う気持ちは強く大義名分もあります。

 

95年の「砂時計」でヒロインを演じ、揺るぎ無い人気を得ました。

眉だけで細かい感情を表現したり、静かな口調の中にも怒りを表現したりとひとつひとつの演技が繊細です。

「ミシル」という存在そのものがこのドラマの大きな魅力なのでその存在感と迫真の演技に注目してみてください。

 

オム・テウン【キム・ユシン役】
静子

龍華香徒の首長。武術に長け、努力を惜しまない人物。

トンマンが花郎ではなくなった後も、常に側にいた理解者のひとりです。

 

2005年「復活」で演技派俳優としての地位を確立しましたが【善徳女王】でも安定した演技を始終見せてくれました。

 

パク・イェジン【チョンミョン王女役】
静子

トンマンの双子の姉。

宮殿を出てムンノを探していた時にトンマンと出会います。

育った環境が全く違うため、出会った最初は不仲でしたが次第に強い絆で結ばれていきます。

 

2004年「バリでの出来事」で演じた、ヒロインをいじめる役とは一転して今回は芯の通った王女役です。

 

キム・ナムギル【ピダム役】
静子

ミシルとチンジ王の間に生まれました。

しかし、正妃になれなかったミシルに生後すぐに捨てられたため、自分の出生の秘密を知るのはだいぶ先のこととなります。

 

映画『後悔なんてしない』で同性愛者を演じ話題となりました。

残酷さと繊細さを併せ持った「ピダム」という役を、見事に演じていました。

ピダムロス現象が起こったほどの、母性本能をくすぐる演技に注目です。

 

善徳女王の感想

静子

前半は主に、出生の秘密を織り交ぜながら怒涛の展開で進んでいくのですが、とにかくスピーディです。

演じる子役たちが素晴らしいことも見どころのひとつ。

大人のキャストに変わってほしくない!と思えるぐらい、見入ってしまいました。

 

トンマンの花郎時代もとても面白かったです。

訳ありの男装ヒロインなのですが、いつ周りにバレてしまうのかというハラハラ感が常にあり、視聴者を飽きさせません。

 

中盤はトンマンvsミシルの戦いがメインになっていきますが、とても見ごたえがあります。

ミシルは「敵」という位置づけになるのですが、キャストの中でも存在感が突き抜けていました。

 

ただ陰謀を企むだけの敵ではありません。

知的でカリスマ性があり、国を思う気持ちは人一倍強いです。

時折見せる情の厚さも、配下から支持を得る理由でしょう。

ミシルの魅力が中盤の見どころです。

そしてお堅いユシンとの恋の行方も、中盤の見せ場と言えます。

 

後半は中盤の圧倒的存在が「ミシル」なら、後半は「ピダム」でしょう!間違いなくピダムでしょう!

放送終了後、ピダムロスの視聴者が大勢いましたが、私もそのひとりです。

ピダムの根底にある寂しさがところどころで見え隠れして、母性本能をくすぐられます。

それゆえに、野心や残酷な面があっても応援したくなりました。

 

トンマンが王の座につき政治を行っていくのですが、女王としての立場と女としての心の葛藤があり、そこをどう折り合いをつけていくのかが、後半の見どころになっています。

 

全62話という長編ドラマでしたが、息をつく暇もないほど濃密でした。

ドラマ【善徳女王】は、ただ単純な「善」と「悪」の戦いではなく、どちらの立場にも大義名分があります。

出演者達もそれぞれに個性があって、多くの出演者に愛着が沸きました。

ストーリーは非常に綿密に練られてますし、濃厚な62時間を味わえること間違いなしです!

 

善徳女王の口コミ

50代女性

新羅時代の実在した朝鮮史上初の女王となった善徳女王の波乱に満ちたスペクタルな時代劇です。

子供時代から成長していく間に、幾度となく生死の戦いを乗り越え、強大な敵との息を呑む攻防戦は手に汗握る見応え感に、華麗な衣装の艶やかさと、豪華な出演陣。

密かな愛あり、女王に上りつめて行く長き歴史を飽きる事無く、存分に魅せてくれます。

1話を観ればグッと惹き込まれる事間違いなし!後はもうノンストップで観たくなる素晴らしい韓国時代劇の最高傑作です!

30代男性

羅初の女王となった女の波乱万丈ストーリーです。

とにかく話数が長いため、時代劇が好きである人は、高い満足感が得られます。

朝鮮より前の時代は中国の影響を非常に強く受けていることから、中国ドラマが好きである人も観てほしい作品です。

波乱万丈なストーリーが中盤に用意され、女王になるまでの優れた洞察力は本作最大の見どころとなります。

30代女性

主人公・善徳女王であるトンマンと、彼女が王女時代の王宮の支配者ミシルとのやりとりがおもしろいです。

他の人たちもすべて、性格や生い立ちなどがしっかりと構成されていて、それぞれの立場から歴史を国を見ているので、とても面白いです。

まじめな話もおおいですが、トンマンを中心とした恋愛模様だったりもあって面白い作品です

50代女性

善徳女王の見どころは、冒頭のシーンから気を抜けずどのシーンも目を離せないも面白さがあるところです。

朝鮮史上初の女王となった善徳女王の波乱に満ちた人生がダイナミックに描かれており、映画並みの迫力を楽しめます。

ライバル役の王女を演じるコ・ヒョンジョンの演技も素晴らしく、その悪女ぷりがドラマをより輝かせています。

20代女性

主な話は権力闘争ですが、その中にある恋愛要素が見どころです。

二人の男性との出会いがありますが、彼らとどうなっていくのか。ほのぼのとしている場面もあり、修羅場もあり、切ない場面もあり、様々な恋愛場面があります。

何より涙無しでは見ることができません。

彼らの行く末は、正に戦国の世の中に生きる人間、権力者らしいものだと思いました。

50代男性

ドラマ「善徳女王」は、“人間”をテーマに、壮大なストーリーと、250億ウォンの制作費の演出、豪華な出演者を配した歴史ドラマです。

演出をパク・ホンギュンとキム・グンホンが担当しています。

パク・ホンギュンは「英雄時代」や「ニュー・ハート」などのドラマを世に送り出した。

キム・グンホンは、「宮廷女官チャングムの誓い」、「朱蒙」、「イ・サン」などを手がけた監督です。

今までの歴史ドラマとは異なる深みが特徴です。

30代女性

善得女王は韓国の時代劇です。

時代背景は新羅、高句麗、百済の三国時代で新羅初の女王誕生を描いたものになっています。

特筆すべきは、衣裳が豪華絢爛である事です。毎回観ていて衣裳やアクセサリーに目がいってしまいます。

時代劇ですので堅苦しいドラマですが、少しだけ男女の恋心を描いたりしており、観ていて切なさを感じる事ができ、大好きなドラマです。

20代女性

女性の戦いが最大の見どころです。

武力戦だけでなく、会話における戦い、頭脳戦、心理戦が盛りだくさんです。

闘争シーンでなくても、頭脳戦でも迫力があり、はらはらドキドキさせられます。

全てを失った善徳女王がどうやってあるべき場所に帰ったのか、圧倒的な力を持つ宿敵をどうやって倒すのか。

彼女がどんどん力をつけていく様子が非常におもしろかったです。

50代男性

何といっても、ミシルに尽きます。

主人公トンマンのライバルなのですが、圧倒的な存在感で、見ている人をのみ込んでいく雰囲気です。

特に目の動きに注目してほしいです。眉の動き、瞳の動き一つ一つにまで心を配った演技なのです。

主人公ではないにもかかわらずミシル専用の音楽まで用意されています。

決してミシルに対して好感は持てない、しかしミシルの迫力なくして善徳女王は語れない、それほどの重要な役割を担うミシルをぜひ見ていただきたいです。

30代男性

7世紀前の百済、高句麗、新羅の戦いを舞台にしている話です。

ここまで権力に集中してしまうと反対に気持ちよくなります。

本当に当時はこんな時代で、裏切りや殺し合いが当たり前のように行われていたのかと考えると、とても悲しい思いがしてしまいました。

今のこの日本の平和さは本当に多くの犠牲の元にある事を実感しました。

 

 

4位 朱蒙

出典:U-NEXT

  • 見どころ

ダメ王子が同志を得てリーダーとして目覚め、高句麗建国の英雄となるまでの波乱のストーリーにくぎ付けに。複雑に絡み合う登場人物の人間模様と迫力ある映像も見応え十分。

引用:U-NEXT

  • あらすじ

紀元前108年に漢に滅ぼされた古朝鮮の民を率いる英雄ヘモスは、族長の娘ユファと恋に落ちるが、捕えられ処刑されてしまう。身重のユファは扶余の太子クムワの側室となりチュモンを出産。成長したチュモンは謎めいた盲目の男と出会い、武芸を学び始める。

引用:U-NEXT

 

 

3位 イ・サン

出典:U-NEXT

  • 見どころ

国王であると同時にひとりの人間イ・サンとしての葛藤や苦悩を描いている点に注目。宮廷の画員となるヒロインとの恋の行方も見どころ。イ・ソジンがサンに扮し、ぴったり。

引用:U-NEXT

  • あらすじ

幼少期に父・思悼世子が、祖父である第21代王・英祖に謀反の疑いをかけられて命を奪われたサン。成長後は英祖の厳しい教えを受けて国王への道を進むが、常に王妃・貞純王后一派から命を狙われる。彼らに対抗するサンを幼なじみのソンヨンとテスが助けていく。

引用:U-NEXT

 

 

2位 奇皇后

  • 見どころ

ヒロイン・スンニャンの壮絶な復讐の行方、スンニャンをめぐる2人の男との恋模様、敵との激しい攻防など見どころ満載。ヒロインを演じたハ・ジウォンの熱演が光る。

引用:U-NEXT

  • あらすじ

14世紀の高麗。元に連行されそうになったヤンは王子ワン・ユに助けられる。13年後、男装してスンニャンと名を変えたヤンの協力で王位に就いたワン・ユは、男であるはずのスンニャンに惹かれていく。その頃、スンニャンは元の皇太子タファンの護衛となる。

引用:U-NEXT

 

奇皇后キャストと相関図

1〜10話

 

11〜20話

 

21〜40話

 

41〜51話

 

ハ・ジウォン【キ・ヤン、スンニャン役】

実力のある安定の演技に加え、アクションをもこなす素晴らしい女優さん。

そして何より男装姿が似合いすぎる。

 

「与えられた役柄そのものの人生を歩んでみたいと思えることが大切です」

 

「作品のために学んで努力する。簡単なことではありませんが、私は一生続けていきます。女優として必要なことですし、その過程に喜びを感じます」

 

こうした言葉を胸に秘めて演じているそうです。今後の活躍にも期待です。

 

チュ・ジンモ【ワン・ユ役】

高麗の王として強国、元に屈することなく、高麗の人々とその生活を守ることを目指す役をしたチュ・ジンモさん。

王様の役だから当初あまり動かなくていい楽な撮影だと思ったそうです。

 

しかしアクションシーンが多く、思っていた王様像とは全然違ったとか。

睡眠時間があまり取れない過酷な現場で、ちょっとしたミスが大怪我につながる可能性があり、アクションシーンは特に緊張しながら撮影したとインタビューで語っています。

 

チ・チャンウク【タファン役】

なんとこの役ではまさかの2番手のキャスティングだったそうで、相当プレッシャーがあったにもかかわらず、スンニャンを思う愛情が深いあまり、狂気に思えるほどのシーンも多く、そのたびにセリフよりも視線や振る舞いの演技がすごかったです。

 

そんな彼は2017年8月14日の入隊したその日、帽子を取って短く髪を切った姿を公開し、「ありがとうございます」という短い挨拶を残し、現場に集まった韓国国内外のファンに手を振ったり凛々しく、堂々とした姿だったそうです。

 

ヒーラー~最高の恋人~」「笑ってトンヘ」など出演作品は連続ヒットと言われる作品を見ながら、彼の帰りを待ちたいですね。

 

奇皇后の感想

ワンユ派?タファン派?かで悩んだファンは多いんじゃないかと思われるぐらい、見事な三角関係で胸が締め付けられるぐらい切ない思いをしました。

ちなみにアンケートではワンユがダブルスコアの大差で勝ったみたいです。

私は選ぶとしたら、スンニャン派です(笑)

 

もう男装姿がかっこよくて、高麗人としての自尊心を失わず、貢女から元の皇后にまで上り詰めていく、彼女の生き様に勇気を与えられました。

何よりこの作品は様々な復讐劇があり、予測できない展開に釘付けになりました!

復讐するときの主役、脇役の皆さんの目力が強くてすごい怖かった!

 

そしてなんとドラマ「シンイ -信義-」の敵役だったキ・チョルはスンニャンの兄にあたるということで、これを知っていれば2倍この作品を楽しめると思いますので、興味のある方はぜひ「シンイ -信義-」を含めて「奇皇后 ふふたつの愛 涙の誓い」をご覧ください!

 

奇皇后の口コミ

20代女性

貧しく育った女の子が時に勇ましく時に妖艶に成長しながら王室へと上り詰めていく次の展開が気になってしまう話です。

主演女優のハ・ジウォンさんはとても美しく思わず見とれてしまったり鋭い表情もとてもうまく表現されるので目が離せなくなります。

登場人物が多いですが、何話か見ていればすっかり覚えてしまう分かりやすさも見入ってしまう理由です。

40代女性

朝鮮の高麗で生まれた一人の女性が数々の試練に見舞われ 、中国の元王朝の皇后となる波乱万丈な物語。

彼女の人生に深く関わる2人の男性。1人は尊敬し恋慕う男性、もう1人は憎くもあり守ってあげたくなる男性。

ハ・ジウォンが主人公の愛・憎しみ・別れ・決断の時の心の動きを好演。

チュ・ジンモとチ・チャンウクが対称的な人物を演じ、切なくも見る人の胸を打つ。

比較的長めの回数だが、だれることなく最後まで見られた。大好きなドラマ。

30代女性

韓国歴史ドラマです。

見所としては衣装と撮影現場です。とにかく豪華で素晴らしい。

ドラマの内容も抜群におもしろいですしかなりのお金をかけて、中国で撮影したと言うだけあってスケールがかなり大きいドラマです。

とくに女優陣の衣装の美しさはため息が出るぐらいの見事な衣装なのでそこにも注目して見ていただくとより一層楽しめるのではないでしょう。

30代女性

元と高麗の話ですが、そこに恋愛が絡んできているので、スンニャンの取り合いがはじまります。

ワンユとタファンどちらもカッコイイです。

タファンも初めは貧弱だったのですが、スンニャンの為に勉強し体も鍛え、たくましくなっていく姿にうっとりします。

さらに悪党のヨンチョル一派がいいキャラしていて、ヨンチョルはじめヨンチョル一派がほんと悪党すぎて憎たらしくなります。

30代女性

このドラマの見どころは、スンニャンとワンユとタファンの三角関係です。

3人の切ない恋ココロ。

スンニャンには次々と敵が現れます。味方だったのが敵になったり、ハラハラドキドキです。

そして高麗の女性から皇后へなっていくスンニャン。もちろん一筋縄では行きません。

皇后となったスンニャンはあまりの美しさに見とれてしまいます。

30代男性

この物語は壮大なスケールを用いての一人の女性のサクセスストーリーです。

背景は高麗と元の時代であり、高麗生まれの主人公女性が元の皇帝の妃にまで上り詰めるという内容です。

元の皇帝に愛されながらも、高麗の王様との愛にゆらぐ切ない要素も織り込まれています。

40代女性

「奇皇后 ふたつの愛 涙の誓い」は、元朝最後の皇帝・順帝トゴン・テムルの寵愛を受けて高麗貢女から皇后となった実在の女性である奇皇后の生涯を、史実にフィクションを加えて描かれています。

このドラマは、奇皇后となるキ・ヤン(スンニャン)を演じたハ・ジウォンさんの様々な敵や困難に立ち向かっていく強さと美しさと、そしてたくましくてかっこいい高麗王ワン・ユ(チュ・ジンモ)と守りたくなるような元の皇帝タファン(チ・チャンウク)の二人の男性との愛の物語が見どころです。

10代女性

このドラマはハ・ジウォン演じるスンニャン(ヤン)という女性が辛い過去を乗り越え皇后へと上り詰めて行くドラマであり、またスンニャンを巡って、高麗王ワン・ユと元の皇帝タファンの争いも見どころである。

その3人を脅かす、元の丞相ヨンチョルや元の皇太后などとの一進一退の攻防も見ものだ。

高麗人としての心を忘れず、自らの運命を自らの手で切り開いて行く、とても強く賢い女性の波瀾万丈の人生の物語である。

40代女性

とにかく美人・イケメン揃い。
特にタルタル役のチン・イハン。長身に綺麗な顔。とても知的な役で静かな低音響く声がまた似合う。

淡々と人の気持ちを読み、策略も説いていく。書物にも長けている。正しい信念をぶれずに持ち続けるのがすてき。長い髪を揺らしながら刀を握る姿が熱いながらも涼しい。

脇役ながら陛下や王様の存在感やにも負けず劣らずの存在感。

 

 

1位 トンイ

  • 見どころ

粛宗の側室・淑嬪崔氏にスポットを当てた作品。どんな境遇に置かれても明るく希望を失わないトンイを応援せずにはいられない。粛宗とのかわいらしいラブストーリーも必見

引用:U-NEXT

  • あらすじ

高官の連続殺害事件が起き、賤民の地下組織・剣契の首長が濡れ衣によって命を落とす。首長の娘・トンイは、父の汚名を晴らすために掌楽院(宮廷楽団)の下女として宮中に入る。6年後、ひょんなことから知り合った粛宗を王とは知らずに親しくなるが…。

引用:U-NEXT

 

トンイのキャストと相関図

 

ハン・ヒョジュ【トンイ役】

MBCのシットコムドラマ『ノンストップ5』の清純で可愛らしい姿で人気を集め、ユン・ソクホ監督の四季シリーズ完結編『春のワルツ』の主人公に大抜擢され、まさにシンデレラガールのハン・ヒョジュさん。

ハン・ヒョジュさんの人気を決定ずけたのが、2009年のドラマ「華麗なる遺産」で、視聴率47.1%という驚異的な記録を打ち立てましたね。

 

【トンイ】で共演したチ・ジニさんによると、ドラマの見所は主人公のトンイがいかに成長していくかだが、演じていたハン・ヒョジュ自身もどんどん成長して、素晴らしい女優に変身したと語ったそうで、どんな演技をしたか注目です。

 

チ・ジニ【スクチョン役】

「宮廷女官チャングムの誓い」や今作品などの時代劇俳優としてのイメージが定着しているチ・ジニさん。

デビューは俳優としては遅い27歳で、その前までは、商業デザイナーやカメラマンとして活動していたそうで、2000年に出演した「ジュリエットの男」で俳優デビューをしました。

好印象を持つチ・ジニさんはCMの出演本数も多く、銀行や紳士服、家電などの他に、共演者であるハン・ヒョジュとともに国勢調査の広報モデルもつとめているそうです。

お茶の間を釘付けにした、お茶目で明るい王様役に注目です。

 

イ・ソヨン【チャン尚宮 / オクチョン役】

韓流スターであるぺ・ヨンジュン主演の映画「スキャンダル」でデビューした女優イ・ソヨンさん。

目鼻立ちのクッキリした美人で、化粧品ブランド資生堂の韓国モデルに選ばれたこともあるそうです。

人気女優でありながら慎ましく堅実な性格であると言われています。

また、共演者からも非常に真面目な性格であると言われおり、そのため、韓国では理想のお嫁さんと呼ばれることもあったみたいです。

 

そんなイ・ソヨンさんは【トンイ】では、美しく知恵も度胸もあるオクチョン役で、嫉妬に狂い身を持ち崩していくわけ難しい役をこなしています。

まさに美しいバラにはドガがあるような演技に注目です。

 

ペ・スビン【チョンス役】

日本でもおなじみの韓国ドラマに多数出演しているので、名前は知らなくても顔は知っているという方が多いかと思う、ペ・スビンさん。

軍隊を除隊してのちに、映画デビューしてから中国北京映画学校で俳優修行をし、帰国後の2006年から本格的に韓国のドラマや映画に出演しています。

 

いつも陰からヒロインのピンチをさりげなくサポートするキャラクターの印象が強い俳優さんですが、【トンイ】でどのような役の演技をするか期待ですね。

 

トンイの感想

一言でいうと長いですね(笑)

それもそのはず全60話です!

でも全体的にテンポもよく途中で飽きることなく観ることができました。

 

【トンイ】では見どころがたくさんありますが、私は朝鮮王朝3大悪女の1人に数えられている張禧嬪の存在がオススメです。

最初、トンイの才能を見抜いたのは彼女ですが、だんだんと豹変して、トンイを憎み、追い落としを図るようになるのが、まさに見どころです。

そしてこの役を演じるイ・ソヨンさんがとても美しい方なので、まさに美しいバラにはトゲがあるの言葉がピッタリです!

 

視聴率30%を超えたのは、持ち前の明るさと頭の良さで、絶望的な境遇に負けず前向きな主人公に力をもらった方が多かったからではないかと思います。

全60話と長いドラマですが、観る価値のあるドラマなので、興味のある方はぜひご覧ください。

 

トンイの口コミ

20代女性

トンイの見どころは伏線をきっちり回収していくところでしょうか。

ところどころにちりばめられた伏線が「あーそういうことか」と回収されて行くのは見ていてとてもスカッとします。

それから主人公トンイと王様のラブロマンス。それによるチャンサングンの変化とその罠にトンイがどう挑んでいくかというところですね。

王様の寵愛を受けるトンイとそのことで悩み苦しみ変わっていくチャンサングンのバチバチしたやりとりは見ていてすごくはらはらドキドキして、手に汗握りながら見られます。

20代女性

賢くて清廉で純真でまっすぐな主人公にただただ惹かれます。

こんなに女性主人公を好きになったことないかもってくらいトンイの生きざまがかっこよくて、本当に好きですね。

毎回様々な事件が起こるのですが、トンイがそれを自分の力で正々堂々と解決していくので、毎回ドキドキわくわくしながら事件の経緯を見守れます。

見どころは庶民から王妃へとの成り上がりですかね。

でもそうなれる魅力をトンイが持っているので、違和感なくとても楽しみにしながら見られます。

30代男性

王様に愛された女官として歴史に残るトンイは、最大のライバルであるヒビンと同じ時代を生きています。

一国の主に好かれるために着実なステップアップを試みますが、そこ過程に起こるさまざまな出来事こそ、トンイの魅力そのものです。

主人公を演じたハン・ヒョジュの可憐さが時代劇より現代劇に近い様相を見せています。

本格的な時代劇が苦手な人でも、このドラマは必ずや最後まで視聴できると思います。

30代女性

トンイは韓国の歴史上で有名なイニョン王妃の生涯をテーマにしたストーリーです。

トンイの役を日本でもヒットした「華麗なる遺産」の主役を務めたハンヒョジュが演じていることでも注目を浴びました。

とても愛らしい顔で日本の若い女性からも支持されているので、若い彼女が演じるトンイと、美しい韓国衣装も見どころです。

40代女性

庶民の女の子が家族の無実を晴らすために王宮で働き、王様と知り合って色んな事がある度に2人の気持ちが近づいていく。

邪魔が入ったりしながらも結ばれるも、陰謀によって様々な事件に巻き込まれながらも少しずつ真実に近づいていく。

嬉しい事、ツライ事、悲しい事がたくさんありながらも一途な想いが2人を幸せに導いていく話だと感じました。

20代女性

なんと言っても、ハンヒョジュちゃん演じる主人公トンイが魅力的で、ドラマに引き込まれます!

韓国ドラマならではの女のドロドロした感じも多く、見ててイライラもします…。が、逆にスカっとする場面も多いです。

個人的にはトンイがスクチョンのことを偉い人と気付く場面が面白かったです。

スクチョンは偉い人なのに、トンイの前では肩の力が抜けたようになるところとか、見てて微笑ましいです!

30代女性

卑しい身分の女の子トンイが王様の側室にまで大出世を遂げる恋愛ドラマです。

賢いが身分の低い女の子が家族を失い、王宮入りを果たします。そこで王様と出会い寵愛を受けるというシンデレラストーリー!

恋愛要素だけでなく、トンイの聡明さを生かし事件をどんどん解決へ導いて行く様もドキドキハラハラでもスッキリなドラマ展開になっていて何度見ても面白いです!

20代女性

今まで何度も見てDVDも持っていますが、本当に何度見ても飽きない作品です。

特に魅力的なのが母になってからが、それまで以上に心が強い女性になっていて息子や王室を守るために奮闘していく姿が同じ女として母として、憧れであり理想像でもあります。

シリアスなシーンが多いですが、冗談を言い合ったりするシーンもあって常にピリピリしていないので見やすいです!

30代女性

見どころは何と言ってもチャン・ヒビンの悪どさではないでしょうか?

信じられないほど悪い王妃で今までの歴史ドラマの中でも行った悪行も、最後の亡くなり方も見ていてゾクっとするほどの悪女でした。

と同時に、他のドラマなら同じように悪女の設定が多い王妃(正室)ですが、トンイに出てくるイニョン王妃はとっても良い方でした。

トンイの場合、チャン・ヒビン関係以外がいい人過ぎて逆に悪目立ちするといったような気もしますが、どうしても悪役側に目が行ってしまう面白いドラマです。

40代女性

身分の低い一人の女性が、様々な困難を乗り越えて、王の母という高い身分まで駆け上がる物語。

主人公が父を殺した敵に復讐するために、出身を偽って王宮の下働きになる。主人公と2人の女性の関係がみどころ。真相を探るうちに真犯人に辿り着き、復讐を果たす。

最初は復讐を心に秘めてはいたもののあどけないキャラクターだったのが次第に成長していき、真の強い女性となる主人公が魅力的。

 

 

【時代劇】【歴史系】韓国ドラマを無料で視聴する方法は?

U-NEXT

今回紹介した【時代劇】【歴史系】韓国ドラマおすすめランキングですが、ほとんどの作品がU-NEXTで視聴できます。

実は私もずっと前からU-NEXTを使っており、いつでも韓ドラを視聴できる環境ではあるのですが・・・なかなか時間が取れないと言い続けて数ヶ月。

 

U-NEXTは月額1,990円かかりますが、毎月1,200円分のポイントが貰えるので実質790円です。

とはいえ、毎月費用がかかるのは事実です。

 

ところが、U-NEXTには最初の31日間が無料になるトライアル期間があり、その期間に退会すれば料金は一切かかりません。

そしてトライアル期間中は全てではないのですが多くの韓国ドラマが無料で見放題で、今回紹介した【時代劇】【歴史系】韓国ドラマも無料で見放題です。

しかもアプリもあるのでスマホでも視聴可能!

 

ちなみにU-NEXTで見放題な代表的な韓国ドラマはこんな感じです。

 

見放題の韓国ドラマは400作品以上で、おそらくですが動画配信サービスではU-NEXTが1番韓国ドラマが充実してるのではと思われます。

 

さらにU-NEXTでは70誌以上の雑誌が読み放題です。

 

無料期間中ももちろん読み放題!

 

そしてよく意味がわからないのが、無料登録しただけで600円分のポイントが貰え、このポイントで有料の新作映画やドラマの視聴が可能です。

無料期間で退会しても返金などの請求はないので、ただで600円貰えるようなものなので本当に意味がわかりませんw

 

私が無料登録したのはかなり前になるのですが、600円分のポイントで漫画を購入した覚えがあります。

漫画以外でも小説やビジネス書などの書籍も購入できます。

ただし、ビジネス書は600円では買えないと思うので気をつけてください。

 

彼女や奥さんが韓ドラ好きの男性は、是非この機会に韓ドラに挑戦してみましょう。

きっと共通の話題で盛り上がると思いますよ。

600円分のポイントで彼女や奥さんに何かプレゼントしてあげてもいいでしょうし、女性向け雑誌が多いので自分用ではなく彼女や奥さんのためにU-NEXTに登録するのもありですね。

 

紹介している作品は2018年11月時点の情報です。

現在は配信終了している場合もありますので、詳細はU-NEXTホームページにてご確認ください。

 

U-NEXTで配信が終了している時は?

Hulu(フールー)

韓流バナー

もしもU-NEXTでの配信が終了していた場合はHulu(フールー)がおすすめです。

Huluは日テレが親会社なので国内ドラマ(特に日テレ)や海外ドラマに強い印象がありますが、実は韓国ドラマも配信しています。

 

視聴できる韓ドラの本数はU-NEXTの方が上ですが、U-NEXTでは配信していない作品や終了した作品を視聴できたりします。

そして月額費が933円(税抜)とU-NEXTより安いのも魅力。

ただし、無料期間がU-NEXTは1ヶ月なのに対しHuluは2週間と短めだったり、ポイントや雑誌の読み放題などはありません。

 

U-NEXTで視聴できない作品は一度Huluで検索してみるといいですよ。

 

dTV

★韓国ドラマ

HuluでもU-NEXTでも視聴できない時はどうすればいいの?

そんなときはdTVを確認してみましょう。

 

以前はドコモユーザーしか使えなかったりしましたが、現在はドコモ以外のユーザーも視聴できます。

魅力はなんといっても月額500円(税抜)という安さです。

 

月額500円なので雑誌の読み放題などはありませんが、とにかく動画の種類と本数が多いです。

それこそヨガなどのフィットネスからカラオケ、ライブ映像、PVもあったかな?

韓ドラだけならU-NEXTの方が本数が多い気がしますが、全ての作品数だと国内最大かもしれないですね。

あとはdTVだけが扱っている韓ドラがあったりするのも特徴です。

 

dTVも無料トライアル期間は31日間となります。

 

【時代劇】【歴史系】韓国ドラマをテレビで視聴するには?

我が家ではU-NEXT、Hulu、dTVの全てに加入しており、アップルTVを使ってテレビに出力して家族で視聴したりしています。

※韓ドラ以外の動画ですが・・・。

 

アップルTVはiPhoneの画面をコードレスでテレビに出力できる機器で、アップルTVを使えばYouTubeの映像もテレビで視聴することができます。

そんな大変便利なアップルTVですが、欠点は値段が高いことです。

私が購入した時は2万円位したのでヨドバシのポイントをかなり使った記憶があります><

 

コストを抑えてテレビで視聴するならAmazonが発売しているFire TV Stickがおすすめです。

 

できれば4Kがおすすめ。

 

Fire TV StickはAmazonプライム会員ならプライム・ビデオが追加費用なしで見放題のようです。

なので、もしFire TV Stickを購入するならAmazonプライム会員になることをおすすめします。

Amazonプライムでも韓ドラを視聴することが可能ですが、ちょっと見放題は少ない印象もあります。

 

韓国ドラマおすすめランキング

韓国ドラマ好きのママ友にアンケートして韓国ドラマのおすすめランキングを作成しました。

これから韓国ドラマを視聴しようとしている方は是非参考にして頂ければと思います。

 

間違いなくハマる!

面白い韓国ドラマおすすめランキングはこちら。

 

韓国ドラマと言えば胸キュン!

キュン死必至のキュンキュン系韓国ドラマのランキングはこちら。

 

号泣が気持ちいい!

泣ける感動系の韓国ドラマおすすめランキングはこちら。

 

韓国ドラマの王道!

ドロドロっぷりが半端ない復讐系韓国ドラマランキングはこちら

 

名作が多い!

歴史・時代劇のおすすめ韓国ドラマランキングはこちら